平手友梨奈&渡邉理佐「二人で話そう」姉妹感たっぷり“仲良しコンビ”の素顔に迫る

10月17日(木)4時0分 オリコン

『non-no』12月号に登場する(左から)渡邉理佐、平手友梨奈(C)non-no12 月号/集英社 撮影/柴田フミコ

写真を拡大

 人気アイドルグループ・欅坂46平手友梨奈が、19日発売の女性ファッション誌『non-no』12月号(集英社)に登場。同じグループで同誌専属モデルも務める渡邉理佐とのフォトセッションで、姉妹のような仲の良さとかわいらしい表情を披露した。

 最近はプライベートでもよく遊びに行くという平手と渡邉は、「二人で話そう」と題した特集で、さりげなくリンク感のある3パターンのコーディネートを着用。2017年2月号以来、2年9月ぶりの同誌での共演となったが、ファッションシューティングのほか、距離が縮まったきっかけや共通点、お互いの素顔なども語り合った。

撮影では顔を寄せ合って話したり、お互いの頬を引っ張り合ったりとナチュラルな素顔を見せた二人。編集部からリクエストで、お互いの似顔絵を描き合うことになるが、自信満々で描き始めた渡邉の絵を覗き込んだ平手は、思わず笑って倒れこむ。そんな平手が思案の末に描き始めた渡邉の似顔絵とは? ほほ笑ましいやりとりと二人の間に流れる優しい空気が、写真から伝わってくる。

 対談では、平手が「理佐は出会った頃からずっと変わらない。面倒見てくれたり、気にかけてくれたり。ずっと“お姉ちゃん”」と語ると、渡邉も「平手といる時は、『引っ張らなきゃ』『支えなきゃ』、そんな感覚になるんです。すごく甘やかしたくなっちゃう」と明かすなど、二人の関係性を紹介している。

 同号にはそのほか、佐藤勝利(Sexy Zone)&高橋海人(King & Prince)の対談や、秋の主役アイテムである「ニット」特集が掲載。表紙を飾ったのは同誌専属モデルで女優の新木優子

オリコン

「平手友梨奈」をもっと詳しく

「平手友梨奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ