爆笑・太田が「田中の睾丸摘出」をイジり続ける理由に神田松之丞も驚愕

10月17日(木)16時21分 しらべぇ

田中裕二

爆笑問題太田光と100年に1人の天才講談師・神田松之丞が視聴者の悩みに持論で答えていく『太田松之丞 〜悩みに答えない毒舌相談室〜』(テレビ朝日系)。

コンプレックスをテーマにした16日深夜放送回では、相方・田中裕二に関して太田が激白。松之丞やアシスタントの弘中綾香アナらを驚かせた。


◼田中はナルシスト

太田が「自分の顔、特に笑顔が嫌い」など、自身のコンプレックスを熱弁していくなか、芸人への嫉妬について話題が移っていく。

才能ある後輩芸人に嫉妬するという太田だが、「田中はもっと。田中はめちゃくちゃプライド高い。背を越えている」とそれ以上に田中が芸人に嫉妬すると語る。

ここで弘中アナが田中から事前に聞いたコンプレックスは「身長」と明かすと、松之丞は「ネタにしているので解消している」と指摘。

しかし、太田は「あいつが身長っていうのもプライドが見える」と反論、「あんなに醜いのにナルシストだから」と格好をつけて本心を隠していると叫んだ。


関連記事:神田松之丞の「初体験はプロ」に爆笑・太田が蔑み 「ダセー」「田中と一緒」

◼睾丸摘出をネタに

2000年、田中が精巣腫瘍のために睾丸を摘出した点に松之丞は触れ、「普通の人なら結構傷つくことなのに、太田さんがずっとイジり続けてネタにしているから、コンプレックスじゃなくなった」と解説する。

これに太田は「これは結構シリアスな話だった。『ここでシリアスになっちゃうと爆笑問題が終わる』と思った」と当時を振りかえり、徹底的に「笑い」にすることを決意。記者会見でボケまくり、その後もネタにし続けたと明かし、松之丞や弘中アナを驚愕させた。

◼2人の関係性に視聴者は…

貴重な本音が語られたこの日。視聴者は「一見、太田さんが田中さんをディスり気味に語っているように見えるけどイチャイチャしているようにも見える」と爆笑問題2人の関係性を推測。

また、睾丸摘出に関しても、芸人らしい対処法だと納得する声があった。


◼6割は「欠点より長所」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,361名を対象に調査したところ、全体の60.4%が「欠点を補うよりも、長所を伸ばすほうが大切だと思う」と回答している。

補うのが難しい欠点より、長所を伸ばすことに努力すべきと考える人が多いようだ。

太田は、田中の急所となりかねない部分を武器に変えた。欠点を補いつつ、長所を伸ばしたその手腕は見事と言えるだろう。


・合わせて読みたい→太田光、殺害予告や爆笑問題の未来を語る 「これまで何も残してない」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日

対象:全国20代〜60代の男女1,361名(有効回答数)

しらべぇ

「神田松之丞」をもっと詳しく

「神田松之丞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ