吉岡里帆、ギター片手に感涙の人生初ライブ!「涙が上がったり、下がったり」

10月18日(木)22時12分 AbemaTIMES

 女優の吉岡里帆が18日、都内で映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』一夜限りのライブイベントを主演の阿部サダヲと実施。興奮と感動の涙を目に浮かべながら、ギター片手に映画主題歌を熱唱した吉岡は「もうステージに出る前から涙が上がったり下がったり…その繰り返し!」と客前での人生初歌唱に大緊張だった。

 吉岡は、シンガーソングライター・あいみょん作詞&作曲の映画主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をサプライズで阿部とデュエット。阿部と声のチューニングを済ませて歌に入った吉岡だったが「緊張しすぎて…もう一回やらせてください!」とテイク2の仕切り直しも、ギターをかき鳴らしての見事な熱唱を聴かせた。

 吉岡は「こんなに声って震えるんだ!と。あんなに練習したのに…」と目を丸くしつつ「観客の皆さんにはむしろありがたい気持ち。立ち上がって聴いてくださって、本当にありがとうございます。もうそれしかありません!」と感無量。ハイトーンボイスで歌い切った阿部には「凄いっす、マジ尊敬っす」と改めての最敬礼だった。

 吉岡は本作のテーマである『やらない理由を見つけるな』を引き合いに出して「ギターも歌も皆さんの前で披露するのは初めてで、こんなに緊張することがあるんだとビックリしたけれど、やれてよかったと思います。やらないよりはやった方がいい!」と自分に言い聞かせるように頷き「もし何かやりたいことがあっても一歩踏み込めないような人がいたら…このまま終わりじゃもったいない!」と絶叫のアドバイスを送った。


 4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りの秘密を抱えるロックスター・シン(阿部)。そんな彼が、異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)と出会ったことから奇跡を起こしていく。

テキスト・写真:石井隼人

AbemaTIMES

「吉岡里帆」をもっと詳しく

「吉岡里帆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ