消えた芸人・キンコン梶原がユーチューバーデビューも“致命的弱点”が発覚!

10月18日(木)17時58分 アサ芸プラス

 ギター侍でブレイクした波田陽区や、なぞかけで人気を博したねづっちなど、世間から忘れ去られたお笑い芸人がユーチューバーデビューし、再スタートを切ることが多くなっている。

 そんな中、デビュー間もなく大ブレイクし、当時はレギュラー番組を多数抱えていたあの芸人がユーチューバーとして稼働し始めている。ネットライターがこう語る。

「お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、“カジサック”として動画配信デビューしたんです。相方である西野亮廣は絵本作家としての活躍を見せる中、目立った活動がなかった梶原の苦肉の策のようですが、『登録者数100万人いかなかったら芸人やめます』という視聴者を巻き込んだスタイルで始動したため、すでに一部から批判の声が上がっています」

 さらに梶原はトップユーチューバーから致命的な弱点があると指摘されたという。

「現役トップユーチューバー・ラファエルと共演した動画の中で、『子供たちに覚えてもらいやすいように』と命名した“カジサック”という芸名が、『SEO的に全然ダメ』と、ダメ出しされてしまったんです。SEO対策とは、検索で見つかりやすくすることですが、『カジサック』で検索すると、似た会社の名前がトップに出てくるため、なかなか梶原のユーチューブ動画にたどり着くことができないんです」(前出・ネットライター)

 今後、おもしろい動画投稿を続けて再生回数を増やせば、“カジサック”が検索エンジンでもユーチューブ界でもトップを取ることができるかもしれないが、改名したほうが手っ取り早い?

(佐藤ちひろ)

アサ芸プラス

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ