J・ローレンスが妖艶な女スパイに! 『レッド・スパロー』公開決定&予告編解禁

10月18日(水)18時0分 クランクイン!

ジェニファー・ローレンス主演映画『レッド・スパロー』(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

写真を拡大

 アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが映画史上最高に妖艶な女スパイを演じる、映画『レッド・スパロー』が2018年春に日本公開となることが決定し、予告編が解禁となった。 本作は、元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説を基にするスパイ・アクション映画。ジェニファーは、事故によりバレリーナとしての道を断たれ、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関に加わり、自分の肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ<スパロー>となったドミニカを演じる。

 到着した予告編には、CIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エドガートン)に近づくという重大なミッションに挑むドミニカの姿が映し出される。しかし、2人のスパイは互いに惹かれ合ってしまい、騙し合いの連鎖へと陥った結果、自分たちのキャリアや忠誠、そして国の安全までも脅かすことになりかねない予測不能のストーリーが展開される。

 妖艶な魅力を惜しみなく披露しているジェニファーは「この映画には、“本気の女の子パワー”があるわ」とコメント。ジェニファーとは『ハンガー・ゲーム』シリーズ以来の再タッグとなるフランシス・ローレンス監督も「原作を読んでまっさきに、ドミニカというキャラクターに惹かれた。彼女と同じ状況に置かれたら、自分ならどうするかと誰でも想像するのではないかと思う」と語っている。

 共演者にはマティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズらが顔をそろえる。

 映画『レッド・スパロー』は、2018年春全国ロードショー。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スパイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ