ダース・ベイダーから「おつまみ」が... 「Yes, my master.」

10月18日(水)20時45分 J-CASTニュース

STAR WARS おつまみサーバー ダース・ベイダー

写真を拡大

タカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は2017年11月30日、映画「STAR WARS」シリーズに登場する「ダース・ベイダー」と「ストームトルーパー」をモチーフにした「STAR WARS おつまみサーバー」を発売する。

希望小売価格は、6980円(税抜)。




「帝国のマーチ」が流れ出す



「STAR WARS おつまみサーバー」のラインアップは、「ダース・ベイダー」と「ストームトルーパー」の2種だ。本体の下に手をかざすと、センサーが反応し、劇中で馴染みのある言葉とともに、1口分のおつまみが飛び出す。



「ダース・ベイダー」は「Yes, my master.」などのキャラクターボイスやダース・ベイダーの吐息、「ストームトルーパー」は「Don't move.」「Freeze!」などの声や銃声音などを内蔵する。音声と効果音の数はいずれも約10種ずつ。



「ノーマルモード」「パーティーモード」の2つがある。ノーマルモードでは、サーバーからおつまみ1口分が飛び出すのみだが、パーティーモードではまれに、映画のテーマ曲「帝国のマーチ」が流れ出し、「Luke, it is your destiny.」(ルーク、これがお前の運命だ)などの言葉を発して、片手いっぱいのおつまみを出すことがある。



本体サイズは、「ダース・ベイダー」が幅180×奥行き167×高さ235ミリで、「ストームトルーパー」が幅127×奥行き160×高さ230ミリ。重量はいずれも630グラム。



「ライトセーバー」リモコンも発売



さらに12月14日、リモコン「スター・ウォーズ リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」も発売する。希望小売価格は、4800円(税抜)。



これをテレビに向け、切りつけるように振ると、効果音が流れてテレビの電源がオンとなる。映画「エピソード4/新たなる希望」の「オビ=ワン・ケノービ」が「ルーク・スカイウォーカー」に渡した、青い光刃の「ライトセーバー」をモチーフとしている。



本体サイズは幅30×奥行き30×高さ153ミリ。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ダース・ベイダーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ