モトーラ世理奈は「異質だった」オーディション秘話 共演者も絶賛「彼女の時だけ心が動いた」<恋恋豆花/京都国際映画祭2019>

10月18日(金)14時50分 モデルプレス

モトーラ世理奈(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/10/18】モデルで女優のモトーラ世理奈が18日、京都で開催中の「京都国際映画祭」で上映された映画『恋恋豆花』の舞台挨拶に、女優の大島葉子、今関あきよし監督とともに登壇した。

◆モトーラ世理奈主演「恋恋豆花」

今作は、ベラルーシ、ウクライナ、モスクワなど世界を舞台に映画を撮り続けてきた今関監督が、台湾を舞台に描いたヒューマンドラマ。

モトーラ演じる大学生の奈央は、学校での人間関係や恋愛に嫌気が差し、中退を考えていた。そんな折、父・博一の提案で、彼の3度目の結婚相手である、大島演じる綾と台湾旅行をすることになり、思いがけない出会いが訪れるというストーリー。

◆オーディションで「異質だった」モトーラ世理奈

今回、オーディションで主演に抜擢されたモトーラ。今関監督は「モトちゃんは異質だった。部屋着の延長線上のような普段着で来てください、と言ったんですが、女優さんならある程度ちゃんとした服装で来るところを、モトちゃんだけ『それで外で歩いちゃダメだろ!』というような服で来た」と印象的だったオーディション時のエピソードを回顧。

モトーラより先に、大島が出演することが決まっていたこともあり、大島もオーディションに参加したようで「みんな可愛くて芝居も上手だった。でも彼女は泣かなかったんだけど、グッと迫るものがあって、彼女の時だけ心が動いたんです」と喧嘩シーンを実際に演じてみて感じたことを明かし、最終的に大島がモトーラを推薦するかたちに。今関監督も「僕もそうだなと思いました」と同意したうえでモトーラに決めたという。

そんなモトーラは「緊張感があった」と当時を振り返ったが、「この映画の中に私がいることが想像がついた」と自信があった様子。海外での撮影は初めてだったようで、食事も満喫したといい「イカの団子のスープが美味しかった」と笑顔を見せていた。

◆「京都国際映画祭2019」

今年で6回目の開催となる京都国際映画祭。今年は10月17日〜20日の日程で、初日の西本願寺・南能舞台でのオープニングセレモニーにはじまり、多数の映画の上映はもちろん「映画もアートもその他もぜんぶ」というタイトル通り、様々なプログラムが行われる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「京都国際映画祭」をもっと詳しく

「京都国際映画祭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ