「日本沈没」第2話「世界観に浸ってしまった」 関東沈没シミュレーションに「怖い」と衝撃

10月18日(月)7時20分 エンタメOVO

小栗旬(左)(C)TBS

写真を拡大

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没−希望のひと−」(TBS系)の第2話が、17日に放送された。

 本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曽有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバレあり)

 伊豆沖合を震源とした地震をきっかけに、日之島が沈んだ。それは、田所博士(香川照之)が予測していたことで、田所はそれが関東沈没の前兆だと訴えていた。

 環境省の天海は、日本未来推進会議で早急に対策を行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は、日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定し、東山首相(仲村トオル)と共に会見を開き、説明を行う。

 天海は納得がいかないが、週刊誌に天海が企業から不正に金銭を受け取っていたという記事が掲載され、謹慎処分を言い渡される。

 放送終了後、SNS上には、「どっぷり世界観に浸ってしまった」「3話目が最終回になりそうなぐらい、中身がてんこ盛り」といった感想が集まった。

 また、劇中で、田所教授が予測した関東沈没のシミュレーションが映し出されると、「関東がどんどん飲み込まれていくさまは怖い」「千葉が真っ先に沈むじゃん…」というコメントもあった。

 さらに、「パニックものと政治ドラマの融合で、『シン・ゴジラ』をほうふつとさせる。そこに日曜劇場お得意の、半沢直樹的逆転勝ちのストーリーが加わり、目先が変わって見ていて飽きない」など、他の映画やドラマと重ね合わせて楽しむ視聴者もいた。

エンタメOVO

「沈没」をもっと詳しく

「沈没」のニュース

「沈没」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ