大友啓史監督、佐藤健の役者魂を絶賛「この人には蒼白い炎がある」

10月19日(金)21時32分 AbemaTIMES

 19日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて映画『億男』の初日舞台挨拶が行われ、佐藤健高橋一生黒木華池田エライザ沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也、大友啓史監督が登壇。『億男』というタイトルにちなみ、佐藤は「何男」なのか、登壇者たちがその印象を発表した。

 佐藤について、高橋、黒木、北村の3人が「色男」と回答。その真意について、高橋は「一般的な色男という意味じゃなくて、色んな色を持っているという意味での色男」と説明。黒木も「一緒です」としながら、「でも、色っぽい方だなと思うんですよね。ふとしたときに目を細めていたりして、オォッて思います。演じているときも役が色っぽい」と佐藤のセクシーさを絶賛。北村も「みなさん見てわかると思うんですけど、(佐藤は)かっこいいじゃないですか。でも裏に行くともっとかっこいいんです。結構物静かなんですけど、話しかけたときにチラっと見られたらドキッとする」と、男ながらに佐藤にときめいてしまうと明かした。

 沢尻と池田は、佐藤について「気遣いな男」「見てないようで見てる男」とそれぞれ回答。どちらも佐藤の現場での気配りを絶賛しており、共演者たちからの称賛に佐藤は嬉しそうな様子。

 しかし、藤原は佐藤の印象は「ワインこぼされ男」と回答。「(『億男』とは)全然関係ない打ち上げのときにワインこぼされてたの。店員さんに。だからそのイメージが残ってたの。やばいくらいこぼされてたの(笑)」とその理由を説明。それまでの流れと全く違う藤原の回答に、佐藤は「ありましたね(笑)」と思わずニヤニヤ。

 最後に大友監督は「蒼男」。「前から思ってたんですけど、この人には蒼白い炎があるからね。今回の映画では疲れているけど、ガスコンロのような蒼白い炎がチロチロと。燃え盛る赤い炎より蒼の方が温度も高いんだよ」と語り、佐藤の役者魂を絶賛。佐藤は「これは照れちゃいますね。ありがとうございます」と感謝していた。

写真:野原誠治

テキスト:堤茜子

AbemaTIMES

「佐藤健」をもっと詳しく

「佐藤健」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ