「自分を見たとき、かわいそうだな」KinKi Kids堂本剛の“遅れてきた反抗期”

10月19日(土)17時0分 文春オンライン

〈客観的に自分を見たとき、かわいそうだな。僕の魂は、もう少しこういうふうに生きたかっただろうなって思うこともあるよ〉


 ファンクラブの会報でアイドルの懊悩を吐露したのはKinKi Kids堂本剛(40)。自らの芸能活動を否定するかのような唐突な“独白”にファンや関係者が衝撃を受けている。



SMAPとともに東日本大震災のチャリティーイベントに登場した際のKinKi Kidsの堂本剛 ©文藝春秋


事務所批判とも受け取れられかねない本音


 堂本剛の単独インタビューが掲載されたのは10月上旬に配布された会報「[Ki]×3」の最新号。これまでは舞台やコンサートの話題が中心で、主に相方の堂本光一(40)がクローズアップされてきた会報で、剛が胸中を打ち明けること自体が異例だ。


「今までの人生が計画通りではなかったという告白にはじまり、『客観的に自分を見たとき、かわいそうだな』、『僕の魂は、もう少しこういうふうに生きたかっただろうなって思うこともあるよ』などと悲観的な言葉が並んだ。さらに『ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの』、『第三者が作った概念にお付き合いすることに対して、あまり意味を感じなくなってしまった』などと、事務所批判とも受け取れられかねない本音をぶちまけたのです」(芸能記者)



 もともとジャニーズでキンキの立ち位置は独特だった。


「ジャニーズでは珍しい二人組で、現役のグループでは少年隊、TOKIO、V6に次ぐ“古参”。ファンクラブの会員数が50万人を超すとも言われる金看板ですが、他のグループとの大きな違いは長らくジャニーズ事務所と距離があったことです」(レコード会社関係者)



「なぜ僕らは20年経っても紅白に出られないんだ」


 所属事務所こそジャニーズだが、彼らが活動の拠点にしていたのは子会社のジャニーズ・エンタテイメント(JE)だった。


「1997年に設立されたJEは二人のデビューに合わせて立ち上げられた独自のレコード会社。初代社長にはジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長が就任しましたが、ジュリー氏はキンキの二人と良好な関係を築けないまま社長を辞任。後に就任した小杉理宇造元社長が中心となって彼らをプロデュースしてきたのです」(同前)


 ファーストシングル「硝子の少年」は180万枚近くを売り上げるヒットを記録し、その後もミリオンセラーを連発。だが、意外なことにキンキがNHK紅白に出場したのは2016年の一度きりだった。



「ジュリー氏は自ら育てたTOKIOをNHKに積極的に推し続ける一方で、キンキには目もくれなかった。剛が『なぜ僕らは20年経っても紅白に出られないんだ』とボヤいていたこともあった」(同前)


「2021年以降の解散や退所説は根強い」


 俳優として舞台でも活躍する光一はメリー喜多川会長からも寵愛を受けたが、剛の後ろ盾は実権のないジャニー喜多川元社長と小杉氏だけだった。


 今年5月にその小杉氏が引退。JEは本体に吸収され、7月にジャニー氏が亡くなったことで剛は精神的支柱だった二人のプロデューサーを一気に失うことになった。


「剛は以前から『ジャニーさんがいなくなったら辞める』と周囲に語っていた。完全に事務所がジュリー氏の新体制に移行した今、心境に大きな変化があったのかもしれない。すでに年末はドームコンサートを行うことが決定しているが、嵐が活動を休止する2021年以降の解散や退所説は根強い」(同前)


 インタビューで〈自分の未来や人生を手にするためには、どこかで周囲を突っぱねる瞬間も必要な気がする〉とし、〈一日でも早く平和な場所にたどり着きたい〉と語った剛。その真意は新体制への牽制か、あるいは独立への布石か。



(「週刊文春」編集部/週刊文春)

文春オンライン

「KinKi Kids」をもっと詳しく

「KinKi Kids」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ