『映画 妖怪ウォッチ』敵役に小栗旬&アニメ声優初挑戦のブルゾンちえみ

10月19日(金)5時0分 クランクイン!

(左から)『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』にゲスト声優として参加する小栗旬、ブルゾンちえみ(C)LEVEL‐5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018

写真を拡大

 アニメーション映画『妖怪ウォッチ』シリーズの5周年の記念作品となる最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』に、ゲスト声優として、俳優の小栗旬と、お笑い芸人で女優としても活躍するブルゾンちえみが出演することが決定。ブルゾンは本作でアニメ声優初挑戦となる。 『妖怪ウォッチ』は、株式会社レベルファイブが企画・原作を行い、ゲーム、アニメ、漫画、玩具とクロスメディア展開している作品。劇場シリーズ5作品目にあたる本作は、1960年代を舞台に、少年と妖怪の出会いから友情、見たことのない世界への旅立ち、そして成長が描かれる。

 本作で小栗が演じるのは、閻魔大王の座を奪うという野心を抱く妖怪・紫炎。最強の力を手にし、主人公の前に立ちはだかるキャラクターだ。小栗は本作への出演について「甥っ子と姪っ子も大好きなので、映画に出ることを話したら大喜びしていました」と告白。さらに「キャラクターの中では個人的にウィスパーも面白いので演じてみたいです」と明かすと、続けて「今年の映画はスケールが大きいですし、未知の世界の話ですし、ホロっとくるような話にもなっています」と語っている。

 ブルゾンが演じるキャラクターは、人の魂を喰らう恐ろしい女妖怪・玉藻前。アニメ声優初挑戦となるブルゾンは「昔からの憧れでもあり、すごく嬉しかったです!」と喜びをあらわにすると、「思った以上に妖怪っぽい声が出せて、『あれ? 私こんな声出せるんだ!』と自分でもビックリしました」とコメント。さらに「え? 映画を何回観るべきかって?……35回!!」とおなじみのフレーズで締めくくった。

 『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は、12月14日より全国公開。

クランクイン!

「妖怪ウォッチ」をもっと詳しく

「妖怪ウォッチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ