戸塚純貴&太田哲治、『銀魂』W山崎の熱いハグに観客も「尊いよ!」

10月18日(木)22時59分 マイナビニュース

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(公開中)の実写映画&dTVドラマイッキ見"応援上映"舞台挨拶が18日に都内で行われ、戸塚純貴、太田哲治、福田雄一監督が登場した。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗旬)の間に起こるさまざまな事件を描く。

今回は江戸を守る真選組隊士の中でも「地味」といじられる山崎退役の戸塚と、アニメ版で同じく山崎を演じる太田が登場。応援上映であたたまっている観客は戸塚が登場すると大歓声で迎え、戸塚も「泣きそうです。こんなに『戸塚』プレートが客席にあることはない」と驚いていた。

普段は小栗などの他キャストとともに舞台挨拶に立つ戸塚だが、今回は初めて俳優として単独での登場に。緊張するという戸塚に、太田も「1人で出るのが初めてなので、立場的には変わらない」と笑顔を見せる。戸塚が、アニメ版の山崎の声について「真似をしているわけじゃないんですけど、太田さんの鼻から抜けているような、聞き心地が良い声を参考にさせていただいて」と語ると、客席からも「わかる〜!」と同意の声が上がっていた。

また、「2人にとって山崎とは?」という質問に、戸塚が「救われているセリフがたくさんあるんですよ、"踏み台No,1"とか。もしかしたら他の人が持っているものじゃなく、輝ける場所があるんじゃないかと、勉強になった」と熱く語ると、太田は泣き真似を始める。逆に太田が「山崎って、どこにでもいる存在、誰にでもある存在だと思っている部分がすごく多くて。他の人たちと違うところにある輝きに、少しずつでも共感してもらえると嬉しい」と語ると、戸塚も感極まった演技を見せていた。

さらに、急遽『聖⭐︎おにいさん』舞台挨拶からはしごしてきた福田監督が登場。「何かセリフを言ってもらったら」と促すと、戸塚は好きなセリフをリストアップしたメモを取り出し、太田が「君と俺とじゃ、地味の器が違う」「俺達は人気No1になんてならなくていい、踏み台No.1になればいいんだよ」とセリフを披露する。さらに「そんな戸塚くんに向けて、スパーキング!」「福田監督にも向けて、スパーキング!」「会場の皆に、スパーキング!」と名台詞を叫ぶと、戸塚も感激。福田監督が「すいません、泣いてます、こいつ」と指摘すると、太田が「泣くなら、私の胸でお泣き」と手を広げ、熱い抱擁を交わした。

最後に太田は「個人的には、次回も期待したいなと。あんぱんとか、あんぱんとかあんぱんとか、あんぱんもありますので」と、山崎メインの「あんぱん生活」の回を猛プッシュ。それを受けた戸塚が「来年、あんぱん生活ができるということで……」と確定のように言うと、福田監督が「あのへんがビクビクするぞ! 目を合わせないようにしてるだろう」と、配給関係者をいじっていた。

改めて「今日、こんなことないです。こんなの初めて」と喜ぶ戸塚の様子に、観客からは「山崎、尊いよ〜!」というかけ声も。福田監督は改めて「本当にありがとうございます」と感謝し、「3で!」と『銀魂3』の製作に意欲を見せていた。

マイナビニュース

「戸塚純貴」をもっと詳しく

「戸塚純貴」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ