久間田琳加、「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL」キックオフイベントでテープカット

10月19日(土)22時1分 オリコン

「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL」のキックオフイベントに出席した久間田琳加。

写真を拡大

 雑誌『Seventeen』専属モデル、女優として活躍する久間田琳加(くまだ・りんか/18歳)がメインビジュアルキャラクターを務める「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL」のキックオフイベントが渋谷キャストで行われ、久間田は初のテープカットに参加した。

 久間田をはじめ、シブハラフェス実行委員長の三宅正彦、東京都渋谷区長の長谷部健など計10名が参加したテープカット。司会の「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL開幕です」という掛け声で一斉にテープにはさみが入れられ、拍手で包まれながらイベントがスタートした。

 プロデューサーで株式会社ワンオー代表取締役の松井智則は「海外のファッションウィークは街を含めて盛り上がっているのに、日本では一般の方がなかなか入れていなくて、ファッションウィーク感が街になかったので」とイベントを発足したと語る。久間田は「私自身もすごくお洋服が好きなんですけど、お洋服を選んだり、着てわくわくしたり、そういう気持ちって、ファッションでしか自分は感じられないんじゃないかなって」とファッションへの強い想いを語った。

 本イベントのメインビジュアルキャラクターを務めた久間田は、ポスターについて「これはキャットストリートでの撮影だったのですが、早朝の撮影だったのでほとんど人がいなくて。人がいないところを見たことがなかったので、独り占めしたような感じで嬉しかったです。撮影では大きな旗を持っていたので、私が今、ここを占領している!くらいの気持ちで撮影していました!」と撮影を振り返った。

 メインビジュアルはヒッピースタイルで臨んだため「“一瞬誰かわからなかった”と言われました」という久間田。今後チャレンジしてみたい服装について「実はこの前、人生で初めて髪の毛を染めたんですけど、黒髪を卒業したのでモードでシックな服装をやってみたい」とファンションへの飽くなきチャレンジ魂を覗かせた。

 「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL」は10月20日まで開催。渋谷から原宿にかけて各エリアで様々な企画が行われ、渋谷と原宿の街を盛り上げる

オリコン

「久間田琳加」をもっと詳しく

「久間田琳加」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ