盛大に天皇即位を宣言する「即位礼正殿の儀」その見どころ

10月19日(土)16時0分 NEWSポストセブン

皇居・正殿前の中庭には「旙」と呼ばれるのぼり旗が林立するなか、古装束姿の宮内庁職員らが並び「即位礼正殿の儀」を待つ(共同通信社)

写真を拡大

 平成が終わりを告げ、「令和」が幕を開けて5か月。新天皇陛下の即位を内外に広く宣言する「即位礼」が10月22日に迫っている。今年に限り祝日となるこの日、新時代を象徴する即位の主要儀式が目白押しだ。皇室の歴史に詳しい、京都産業大学名誉教授の所功(ところいさお)さんが話す。


「『即位の礼』とは、5月1日に行われた『剣璽等承継の儀』に始まり、10月22日に控える『即位礼正殿の儀』や『饗宴の儀』など、即位に関する儀式すべての総称です。


 その中でも22日の『即位礼正殿の儀』は特別です。剣璽等承継の儀は、皇位とともに剣璽を受け継ぐための内輪の儀式でしたが、即位礼正殿の儀は、国内外の代表者を招き、即位を盛大に披露し、決意を表明されます」


 即位礼正殿の儀は、即位礼のいちばんの見せ場と言える。賓客をもてなす祝宴「饗宴の儀」も、即位礼のハイライトとなる重要な儀式。22日はどんな一日となるのか。見どころやポイントを見ていこう。


 13時から予定される即位礼正殿の儀だが、実は朝9時から儀式は始まっている。「賢所大前の儀」と「皇霊殿神殿に奉告の儀」だ。皇室研究者の高森明勅(あきのり)さんが話す。


「この儀式は、天皇陛下は純白の神事服を、雅子さまは純白の十二単をお召しになり、天皇陛下の即位を奉告するというもの。この儀式を終えてから本番の即位礼正殿の儀に臨まれます。全身を洗い清める『潔斎』を行ったりと、早朝から準備で慌ただしい」


 両陛下はこの1日だけで、実に4回もお召し替えが必要という。着替えのたびに潔斎も必要になるため、両陛下の休憩時間はほとんど残らない。


「即位礼正殿の儀では、天皇陛下は『黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)』という、天皇しか着用できない束帯を、雅子さまは『五衣唐衣裳』という十二単をお召しになります。平成の時の美智子さまの十二単は重さ約16kgとされていましたから、お召しになるだけでも一苦労です」(皇室担当記者)


 即位礼正殿の儀は、宮殿でもっとも格式の高い正殿「松の間」で行われる。天皇陛下が即位を宣明されると、安倍晋三内閣総理大臣がお祝いの「寿詞(よごと)」を述べ、万歳三唱、参列者も唱和するという流れだ。


「最大の見どころは、なんと言っても普段お目にかかれない、天皇陛下が即位を宣明される『高御座』と、雅子さまが昇られる『御帳台』でしょう。普段は京都御所に安置されていますが、今回のために運ばれました。どちらも大正天皇の時からの非常に貴重なものです」(高森さん)


 皇室ジャーナリストの神田秀一さんも話す。


「高御座は、天皇のみが入れる聖域です。そこで即位を宣明するということは、歴代の天皇と同じ地位に並んだことの証。そんな歴史的な瞬間に立ち会えるのも、そうありません」


 世界各国から参列する錚々たる顔ぶれも見どころの1つ。


 平成の時は、イギリスのダイアナ元妃にチャールズ皇太子、フィリピンのアキノ大統領など世界のVIPが勢ぞろいした。今回もチャールズ皇太子をはじめ、サウジアラビアのムハンマド皇太子やトルコのエルドアン大統領、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問などの国家要人が参列する。前回を上回る190以上の国の元首や国際機関の代表が参列するとされる。


 今回、平成の時と大きく変わったところといえば、両陛下が高御座・御帳台に昇られる際のルートだろう。平成は中庭に面した回廊までぐるりと回っていたが、今回は高御座・御帳台の後方から入室される。


「平成では参列者にお姿が見えないとの配慮から、高御座の前をぐるりと回っていました。しかし、本来なら、天皇陛下が見えないように高御座に昇られて、侍従2人が御帳を開いて初めてお姿が現れるようにするべき。平成の方がイレギュラーなのです。今回は賓客用に200インチの大きなモニターが宮殿の中に設置され、お姿も見やすくなったため、本来の形に戻したようです」(高森さん)


 なお、高御座とは、天皇陛下が即位を宣明される玉座。高さ約6.5m、重さ約8tで、黒漆塗りの壇の上に、金色の鳳凰などが飾られた八角形の屋根が据えられている。高御座には、皇位の印とされる「三種の神器」のうち、剣と璽(勾玉)が安置される。


※女性セブン2019年10月31日号

NEWSポストセブン

「即位礼正殿の儀」をもっと詳しく

「即位礼正殿の儀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ