菊川怜、感激 仏女優オドレイ・トトゥと対面「大興奮しています」

10月19日(木)21時4分 Techinsight

セレモニーで対面した菊川怜とオドレイ・トトゥ

写真を拡大

5年3か月務めた朝の情報番組『とくダネ!』のメインアシスタントを先月29日に卒業した菊川怜(39)。最後の出演時には涙も見せて寂しそうな菊川だったが、19日に開催された『ロンシャン ラ メゾン 表参道オープニング記念セレモニー』では、たくさんの笑顔を振りまいた。同セレモニーにはフランスの女優オドレイ・トトゥも出席したが、彼女の大ファンだという菊川は「興奮しています」と声を弾ませた。

フランスのラグジュアリーブランド「ロンシャン(LONGCHAMP)」の日本初の旗艦店が東京・表参道に9月末にオープンした。オープニング記念セレモニーにはこのためにフランスから映画『アメリ』『ダ・ヴィンチ・コード』などで知られる女優オドレイ・トトゥが来日、テープカットをしてオープンを祝福した。

続けて笑顔いっぱいで登場した菊川怜は、今日のファッションについて「胸のところにロンシャンのマークがついていて、切り込みが深いので、顔周りが小さく見えます。スカートはハイウエストでフレアが広がりすぎずちょうどいいので大人可愛く。そしてバッグは持ち手に日本をイメージしたこんなに繊細な刺繍が入っています」と詳しく丁寧に説明した。

「朝の生活が変わりましたが…」と司会者から話を振られると、菊川は「毎日起きるのが遅くなりました。『とくダネ!』が始まる頃に起きる日もあります。見ていると、前は自分がいたところですけど、(出演者たちが)テレビの中の人になってしまったなと寂しい感じと、遅くまで寝られて嬉しいような」と現在の心境を明かした。そしてオドレイ・トトゥと握手を交わすと「とても嬉しいです。『アメリ』はすごく好きな映画で、当時から大ファンなのですごく興奮しています」と顔をほころばせた。

去り際に報道陣から「結婚生活はいかがですか?」「ご主人とはもう同居しているんですか?」と聞かれると、笑顔でうなずきながら無言で退場した。

なお他にも、同ブランドのバッグを手にしたモデルの田中道子、敦士、俳優の大野拓朗も登場し、同セレモニーに華を添えた。

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菊川をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ