AKB48達家真姫宝“華のセブンティーン”に先輩が感慨「若すぎない?」「大人っぽくなった」

10月19日(金)15時47分 Techinsight

17歳になったAKB48達家真姫宝(画像は『達家真姫宝 2018年10月19日付Twitter「17歳になりました~」』のスクリーンショット)

写真を拡大

AKB48チーム4の達家真姫宝(たつや まきほ)が10月19日、SNSで「17歳になりました〜 今年も1年頑張ります! これからも応援よろしくお願いします」とツイートして多くから祝福された。ファンや48ファミリーをはじめ、舞台で共演した芸能人やお笑い芸人からもコメントが届く人気ぶりである。

AKB48第13期生でOGの大島涼花(19)が「おめでとう!って、あれ、18歳になるのかと思ってた17歳なの? 若すぎない?」と驚けば、達家と同じ15期生の向井地美音(20)は「おめでとうー!って若! 笑」といいつつ「最近見る度に大人っぽくなってて可愛い」と感心していた。

また、同期の谷口めぐや、NMB48の植村梓、さらに達家の初主演舞台『スリーアウト!〜サヨナラ篇〜』(2018年9月5日〜9日)で共演した元AKB48の相笠萌、元SKE48の高塚夏生、元HKT48の岡本尚子、アイドルグループKissBeeの石井美音奈といった面々や、AKB48ファンのお笑い芸人・LLR伊藤智博からもコメントが届いている。

2013年1月19日、AKB48第15期生オーディションに合格した達家真姫宝。Google+では「やっと華のセブンティーン〜」と誕生日を報告、「11歳でオーディション受けてもう17歳、、あっという間すぎる。16歳は悲しいこと、辛いこと、うれしいこと、いっぱいありました!」と振り返り、「17歳は楽しい1年にします」「17歳はもっともっと頑張ります!!!! みんなにもっといい報告出来るように頑張る!!」と決意を示した。

彼女のツイートによると、舞台『スリーアウト!〜サヨナラ篇〜』が諸江亮監督で映画化され2019年春に公開予定という。作品の内容からして“華のセブンティーン”を飾るのにふさわしい仕事となりそうだ。

画像は『達家真姫宝 2018年10月19日付Twitter「17歳になりました〜」』のスクリーンショット

Techinsight

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ