小栗有以「アクションシーンに注目して」 舞台版「マジムリ学園」を岡田奈々らとアピール

10月19日(金)21時30分 エンタメOVO

W主演の小栗有以(左)と岡田奈々

写真を拡大

 舞台版「マジムリ学園」の初日前会見&公開GPが19日、東京都内で行われ、出演者でAKB48グループの小栗有以岡田奈々横山由依、武藤十夢、太田奈緒ほかが登場した。

 日本テレビで放送された同名ドラマを舞台化した本作は、ニュータウン・ユートピア嵐ヶ丘にある「私立嵐ヶ丘学園」の生徒たちの攻防を描く。

 主演の小栗は「ドラマに引き続き、舞台版もやらせていただいてうれしいです。今日までみんなで頑張ってきたので、その成果をステージでも出せるように頑張ります」と意気込みを語った。

 見どころを聞かれると、「アクションシーンです。ドラマのアクションは回し蹴りをしたときに、すぐにユリの花の映像が出ちゃうんですけど、舞台ではアクションが全部見られるので注目してほしいです。回し蹴りをした瞬間に、もしかしたらユリの花が見えるかもしれません」と声を弾ませた。

 小栗と共にW主演を務める岡田は「舞台版も楽しんでもらえるように頑張りたいです。殺陣が多くて、けんかのシーンは迫力がありますし、一人一人の成長していく姿を見ていただきたいです」とアピールした。

 横山は「私はドラマ版からエロ先生というあだ名で呼ばれる先生役なので、自分のロングヘアを生かして色気を出していけたらなと思います」と笑顔で話した。

 「稽古期間中に“マジ無理”って思ったことは?」と聞かれた武藤は「全員でやる4分ぐらいの曲があるんですけど、それを10時間も掛けてみんなでレッスンしたときがあって、それは本当に『マジ無理ー』って思いました」と苦労を明かして、笑いを誘った。

エンタメOVO

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ