石原さとみ「ラグビー日本快進撃」の仕掛け人だった(3)LINEで喜びを爆発させた

10月20日(日)9時57分 アサ芸プラス

 女優業では清楚系イメージの石原だが、学生時代から運動神経抜群だった。

「小学生の時からバレエやヒップホップダンス、水泳を習っていたスポ根少女。数年前には格闘技ジムに通っていると報じられるほど体を動かすのが好き。相当鍛えているのか、イベントで肌を露出した衣装の時は、いつも筋肉質な美ボディが話題になります」(芸能記者)

 08年公開映画「フライング☆ラビッツ」(東映)でバスケ選手を演じたこともあれば、往年のプロ野球選手が出場する「サントリードリームマッチ」では、2014年から6年連続で始球式を務めている。多岐にわたってスポーツに挑戦する石原だが、これまで仕事やプライベートでラグビーについて語る様子はなかった。それでもついに10月5日の石原のLINE公式アカウントでは、

〈勝ったーーーーーー!!!! この三試合、ルールを動画みて勉強したのでめちゃくちゃラグビー楽しんでおります!! 誇らしい。嬉しすぎる〉

 と登録者にメッセージを送り、満面でラグビー愛を爆発させたのだ。

 石原の急浮上で追い抜かれる形となったが、ラガーマンの間では、NHKの杉浦友紀アナ(36)も大人気だという。

「数年前、彼女はヤマハ発動機の監督をしていた清宮克幸氏(52)を取材してからのめり込み、ラグビーのノウハウを教えてもらった。オフには自分でチケットを買ってトップリーグの試合をよく見に来るだけではなく、美人で物腰が柔らかいので、選手の間ではインタビューしてほしいアナNo.1」(スポーツ紙記者)

 一方、長年ラグビーを愛し、陰ながらサポートしているのは女優の吉永小百合(74)で、

「東日本大震災の直後には、岩手・釜石シーウェイブスに激励の手紙と、『がんばろう! 釜石』と書かれた約2000枚の特製Tシャツを送っています。早大OBとしても知られ、試合観戦に訪れるだけではなく、毎年、夏合宿には牛1頭を差し入れ。部員からは『吉永牛』と呼ばれ、ラガーマンの胃袋を支えています」(スポーツ紙記者)

 W杯快進撃の裏では、選手を奮い立たせる勝利の女神の存在があったのだ。

アサ芸プラス

「石原さとみ」をもっと詳しく

「石原さとみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ