【レシピ】<チャチャッと作る、小皿つまみ>「塩辛奴」と「じゃがいもと帆立の煮もの」

10月20日(水)12時45分 婦人公論.jp


『じゃがいもと帆立の煮もの』と『塩辛奴』(撮影:邑口京一郎)

『婦人公論』(10月12日号)の料理連載「ヘルシーキッチン」では、「あるものでチャチャッと作る、小皿つまみ」を特集! 料理研究家の小林まさみさんとその調理アシスタントを務めるまさるさんは、嫁舅の関係。料理とお酒を愛する二人の気取らない小皿つまみが並ぶ食卓を覗いてきました。小さなおかずにもなる簡単レシピ、いかがですか(撮影=邑口京一郎 スタイリング・構成=野澤幸代)

* * * * * * *

焼酎派のまさるさん、おすすめ2品


「じゃがいも、帆立、いかをわりとよく使うのは、15歳から北海道にいたからかな。いかの塩辛はね、火を通すとこれまたうまいんですよ。冷奴にのせたり、にらと炒めるのもイケます」(まさるさん)


『塩辛奴』(撮影:邑口京一郎)

塩辛奴


塩辛を炒めてうまみをさらに深めて。

玉ねぎのすりおろしが隠し味です

■《 材料と作り方(2人分) 》

(1)絹ごし豆腐大1/2丁(200g)を半分に切って器に盛る。

(2)フライパンにサラダ油少々を強火で熱し、いかの塩辛60g、すりおろした玉ねぎ小さじ1をさっと炒めて(1)にかける。

(3) おろし生姜小さじ1を天盛りにする。


『じゃがいもと帆立の煮もの』(撮影:邑口京一郎)

じゃがいもと帆立の煮もの


帆立缶の汁も使ってじゃがいもにじっくり味をしみ込ませます

■《 材料と作り方(2人分) 》

(1)じゃがいも2個(300g)は皮をむき、ひと口大に切る。

(2)しらたき100gを熱湯でさっとゆで、食べやすく切る。

(3) 鍋にだし汁1・1/4カップ、(1)、帆立水煮缶(95g)を缶汁ごと入れて強火にかける。煮立ったら中火にして落とし蓋をし、いもがやわらかくなるまで10分ほど煮る。

(4) 斜め切りにした長ねぎの青い部分50g、(2)、醤油とみりん各大さじ1を加え、さらに4分ほど煮る。

サラミとふわふわスクランブルエッグ、じゃがいものブルーチーズソースなど8種のレシピはこちらから↓↓↓↓↓

「ヘルシーキッチン」レシピ一覧

婦人公論.jp

「塩辛」をもっと詳しく

「塩辛」のニュース

「塩辛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ