世界中のティーンが憧れるダヴ&ソフィア、『ディセンダント』は「人生を変えた作品」

10月20日(金)11時10分 クランクイン!

初来日したダヴ・キャメロンとソフィア・カーソンにインタビュー クランクイン!

写真を拡大

 ディズニーヴィランズの子どもたちの活躍を描き、日本でも大ヒットを記録したディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント』の続編『ディセンダント2』が、10月21日、いよいよ日本で初放送される。放送に先がけ、主人公のマル(『眠れる森の美女』マレフィセントの娘)を演じるダヴ・キャメロンと、マルの親友イヴィ(『白雪姫』イーヴィル・クイーンの娘)役のソフィア・カーソンが来日。本作への思いを日本のファンに向けて熱く語ってくれた。 本作は、「もしディズニーのキャラクターに子孫がいて、10代だったら…」という斬新なアイデアから生まれた青春ミュージカルTV映画。前作は全世界で1億人以上が視聴するという驚異的な記録を打ち出し、続く『ディセンダント2』も、2017年7月に全米で放送されると1300万人が視聴、3日間の録画視聴を含めると2100万人が視聴するという、前作を超える大きな記録を生み出した。

 本作への出演で世界中から注目されるようになり、一躍、“スター”へと上り詰めたダヴとソフィアは、そろって「たくさんの変化を感じた作品」と、本作への思いを話す。同じくディズニー・チャンネルで放送されているドラマ『うわさのツインズ リブとマディ』でも主演を務めているダヴだが、「『ディセンダント』は、私の1番のお気に入り」とにっこり。「マルは私の大好きなキャラクターだし、家族のような、故郷のような、特別な作品なの。ソフィアも同じ思いだと思うけど、3作目、4作目ってシリーズが長く続けばいいなって思ってる」。

 一方、ソフィアにとって本作は、「はじめて演じた大きな役」と振り返り、次第に熱を込める。「この作品は、私にとって、夢が叶った作品なの。この作品に出会う前は、私はまだ学生で、一生懸命勉強をして、夢を叶えたいと思いながら過ごしていたわ。1日に2回オーディションを受けたり、“誰も聞くことがない曲”を書いたりしていたの。でも、イヴィ役にキャスティングされてから、夢見た道を生きることができるようになったの!私はこの作品に出会えて、メキシコやパリ、東京と世界中を旅することができたし、人生が変わったのよ。イヴィという私が演じるキャラクターが、たくさんの若い子たちに何かを教えることができるなんて、スペシャルな体験だと思うわ」。 全米をはじめ、世界中のティーンたちの憧れで、そのファッションや発言にも注目が集まる二人。本作の撮影では、二人とも「健康的な美しさ」を意識したと語る。ダヴは、「この作品では特に、ワークアウトや運動をよくしたわ。それから、健康的な食生活にも気を使ったの。スタイル維持はもちろんだけど、エネルギーをたくさん使う作品だったから、体力も維持しなければいけなかったの。それから、撮影が終わったら、すぐにメイクを落とすようにもしていたわ」と振り返る。ソフィアも、「もちろん、健康維持が1番だから、よく食べて、十分な睡眠をとって、十分な運動をするようにしていたわ。ただ、この作品は肉体的にもハードだったから、運動量は調整しながらね」と、その美しさの秘密を明かしてくれた。

 終始笑顔で、作品について楽しそうに語ってくれたダヴとソフィア。『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』や『ハイスクール・ミュージカル』を手掛けたポップ音楽界の巨匠ケニー・オルテガ監督も二人の才能を高く評価しており、今後の活躍からますます目が離せない。まずは、『ディセンダント2』で彼女たちのパワフルな歌やダンスを堪能して欲しい。(取材・文:嶋田真己/写真:中村好伸)

 『ディセンダント2』は、10月21日(土)19時30分からディズニー・チャンネルで日本初放送。11月22日(水)よりDVD発売、デジタル配信開始。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ディセンダントをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ