仲里依紗、夫・中尾明慶との“シンクロ体験”を告白

10月20日(土)20時46分 クランクイン!

映画『生きてるだけで、愛。』完成披露上映会に登壇した(左から)仲里依紗、趣里、菅田将暉 クランクイン!

写真を拡大

 女優の仲里依紗が20日都内で、趣里主演の映画『生きてるだけで、愛。』の完成披露舞台挨拶に登場。夫で俳優の中尾明慶とは、「仕事終わる頃かなと思って、LINEで『終わった?』って送ると同時に、『終わった』って(メッセージが)届くことがある」と仲むつまじい“シンクロ体験”を告白した。 本作は、本谷有希子の同名小説を原作とする社会派ラブストーリー。同棲して3年の寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)を中心に、若者の葛藤を描く。

 本イベントには趣里や仲の他、菅田将暉、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が出席した。

 過眠症で引きこもりのヒロイン・寧子を好演した趣里は、自身の役柄について「外から見たら難のあるキャラクター。生きていたら楽しいことだけじゃなくて、辛いことや悲しいこと、どうしようもないこともある。寧子に共感できる部分がたくさんあった」と話した。また、菅田の印象は「すごく自然体な方。現場でもこのまま。寧子のちょっとエキセントリックな部分をしっかり受け止めてくれた」と笑顔を見せた。

 出版社でゴシップ記事を書くことにジレンマを感じる津奈木役の菅田は「今日は静かにお送りします」とニコリ。「(趣里演じる)寧子に会わないと始まらないな、と思った。そんな寧子と3年くらい一緒にいるところからのスタートだったので、現場行ってからだと思った」と撮影時の思いを回想した。

 津奈木の元恋人・安堂を演じた仲は「とりあえずセリフが長かった。それが辛かった。ずっと永遠とよく分からないことを喋ってる(笑)。あと、覚えづらい」と話すと、脚本も務めた関根監督が「すみませーん」と平謝り。

 仲は、16mmのフィルムで撮影したことにも言及。「フィルムで撮る映画は本当に久々だった。それで身が引き締まった。フィルムは(価格が)高いし、『(NGを出してフィルムを消耗しないように)頑張らないと!』というプレッシャーと、『セリフ長いし、どうしよう!』ってパニックになっていた」と述べた。

 本作にちなんで、“分かりあえた瞬間”のエピソードを求められた菅田は「この間コンビニに入ったら『愛が〜』って俺の曲(『さよならエレジー』)が流れていた。その時、店員さんと目が合った。『この人かな、俺の曲かけたの』って思った。いつの間にか、(店員と一緒に)曲に合わせた動きにお互いなったような…ごめん。嘘つきました(笑)。ちょっと、(同コンビニに)行きにくくなった」と笑った。

 仲は、夫である中尾とのシンクロ体験を告白。「旦那さんが仕事終わる頃かなと思って、LINEで『終わった?』って送ると同時に、『終わった』って(メッセージが)届くことがある。そういうのが1、2回じゃなくてけっこうある。あと、『今日何を食べたい?』って送って、(返信が)返ってこないからハヤシライスを作っていたら、(帰ってきてから)『ハヤシライス食べたかった!』って言う。嘘かもしれないけど。そういうことがけっこうある」と語ると、客席から自然と拍手が沸き起こった。

 映画『生きてるだけで、愛。』は、11月9日より全国ロードショー。

クランクイン!

「仲里依紗」をもっと詳しく

「仲里依紗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ