ヒロインを助けるムロツヨシの姿に「超かっこいい」の声『大恋愛‐』第2話

10月20日(土)10時20分 クランクイン!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』に出演するムロツヨシ クランクイン!

写真を拡大

 女優の戸田恵梨香が主演を務め、俳優のムロツヨシが共演するドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)の第2話が19日放送され、劇中でヒロインのピンチにムロ扮する小説家が駆けつけると、視聴者から「ムロさんかっけー!」「超かっこいい」などのツイートが殺到した。 本作は、若年性アルツハイマーに冒されてしまった女医・北澤尚(戸田)と、彼女を支え続ける元小説家の男・間宮真司(ムロ)の、10年にわたる愛の軌跡を描く王道ラブストーリー。

 交通事故に遭ってしまった尚(戸田)のMRIを目にした侑市(松岡昌宏)は、尚の脳に軽度認知障害の兆候を感じ取っていた。尚が、真司(ムロ)と一緒にアパートで過ごしていると、侑市から連絡が入り会う約束をする。

 翌日、婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会った尚は、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。一方、尚の母・薫(草刈民代)は一人で真司のアパートを訪ねていた。そして「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金の入った封筒を手渡すのだった…。

 真司は、尚をレストランへ誘い、そこで「尚さんとずっと一緒にいたいって気持ちが、モリモリっと湧き上がってきて、ちゃんと付き合おうと思ったんだ」と告白。この場面に視聴者から「ムロ告白しちゃったじゃん」「真司さん、すっごい紳士」などの声がSNSに投稿された。しかし尚は、自分が病気であることから「私、やっぱり予定通り結婚しようと思うの」と嘘をついて、真司の告白を退ける。このやり取りに「切ないねぇ」「既に号泣」などのツイートが寄せられた。

 本編の終盤、外を歩いているところで突然視界が歪み始め、その場を動けなくなった尚は、電話で真司に助けを求める。そして真司は外へ飛び出し、尚の元へ全力で駆けつける。このシーンに視聴者から「よく言った尚ちゃん!」「助けてって言えたぁ!!」などの投稿が。さらに真司役のムロのシリアスな熱演に「ムロさんかっけー!」「ムロさん、スーパーヒーローに見える超かっこいい」などの声が殺到した。

クランクイン!

「ヒロイン」をもっと詳しく

「ヒロイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ