仮面ライダー50周年記念映画、12.17公開 2071年の仮面ライダー現る!?超特報解禁

10月20日(水)7時0分 クランクイン!

仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』の公開日が12月17日に決定。併せて、お調子者の仮面ライダーバイスが本作のネタばらしを始めようとする超特報映像が、ティザービジュアルと共に解禁された。 本作は、放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』を中心に、半世紀にも及ぶ仮面ライダー史を揺るがす、今までのすべてを超越(BEYOND)した予測不能な物語。

 放送中の『仮面ライダーリバイス』とは、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が自分の家族を守るために、一輝に宿る悪魔のバイス(声・木村昴)と契約を結び、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身し、人間と悪魔がバディを組んだ最強コンビの仮面ライダーだ。

 ティザービジュアルは「時代を超えた、100 年に一度の<変身>」という“これまでにないスペクタクル感”を感じさせるキャッチコピー、各時代を背負い戦ってきた仮面ライダーたちの勇ましい姿、そして1971、2021、2071の3つの数字が特徴的な躍動感&疾走感あるビジュアルとなった。

 1971、2021、2071の数字は西暦を表し、「2021」には、2021年現在放送中の「仮面ライダーリバイス」の仮面ライダーリバイと、8月まで放送されていた仮面ライダーセイバーの2体が並ぶ。

 「1971」には、1971年4月3日よりテレビ放送を開始した、誰もが知る当時の仮面ライダーの姿が見られる。その一方、「2071」には、怪しげな光を放ち、シルエットで浮かび上がる謎の仮面ライダーが? 3世代対決か、はたまた時代を超えての共闘か、期待と想像が膨らみ、100年間にわたる壮大なストーリーを予感させる。

 超特報映像は、「2021年冬——壮大なスケールで描かれる超大作、誕生。」と、まるでハリウッド超大作のようなセンセーショナルなテロップ&音楽で始まる。仮面ライダーたちのアクションシーンや壮大な爆発シーンが続くのかと思いきや、場面は一転、光が飛び交う近未来的な空間に現れた、いつもと変わらない様子の仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイス。

 お調子者のバイスは早くも映画化に浮かれながら「マジかよ!俺っちが主役だってー!」とはしゃぐ。「おい!ちゃんと宣伝するって約束しただろ!」とあきれながら突っ込む冷静なリバイ。懲りないバイスはしまいには「みんな聞いて〜! 今度の映画はね〜100年後の未来から50年前の…」と、特報映像でネタばらしを始めようとする前代未聞の事態に。

 「バイス!それはネタバレっていうんだよ」とリバイが止めに入り、なんとか阻止に成功したが、その後も「もっとネタバレした〜い!」と駄々をこねるバイスにリバイが「すんなっ!!!」とツッコむなど、リバイ&バイスによる息ぴったりでコミカルな掛け合いが堪能できる約30秒の映像となった。

 映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』は、12月17日より全国公開。

クランクイン!

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ