宮崎あおいに未だ“不倫略奪”のバッシング 「純愛に仕立て上げるな」と批判の声

10月20日(土)2時30分 messy

宮崎あおい

写真を拡大

 10月16日にV6の岡田准一(37)と宮崎あおい(32)が、第一子となる男児の誕生を報告。ネット上からは祝福の声が上がる一方、「不倫略奪なのに美化されるのはなぜですか?」といった厳しい意見も多い。

 2人は事務所を通じて、「皆様にご報告がございます。先日、第一子となる男の子が無事に産まれてきてくれました。母子ともに健康です」「私達の元に産まれてきてくれた奇跡に感謝するとともに、支えてくださった全ての方々にも大変感謝しております」などと連名でコメントを発表。出産に立ち会ったという岡田准一は、井ノ原快彦(42)、長野博(46)、前夫との間に娘がいる宮沢りえ(45)と結婚した森田剛(39)に続く、V6メンバー4人目のパパになった。

 ネット上には、2人の子どもを「絶対にイケメンだよね」と予想する声が。しかし、「純愛に仕立ててるけど不倫は不倫」「産まれてくる前から子どもに負債を背負わせてるような……」というネガティブな声が圧倒的に多いのが現状だ。

 宮崎あおいは2011年に前夫・高岡奏輔(36)との離婚騒動が勃発した際、岡田准一との不倫疑惑が浮上していた。とはいえ、これを大きく報じたのは「週刊文春」(文藝春秋)のみで、後追い報道もなく沈静化。後に二人の真剣交際を報じたメディアは、「当時は誤解されたので距離を置いたが、最近付き合うようになったようです」と濁した。

 しかし当時、明確な不倫の証拠がなかったことも事実。岡田が高岡に土下座したという話も、今だったら動画が拡散しかねないネタだが、結局のところウワサ話の域を出ないのである。



 ただ、結婚報告のやりかたがファンを傷つけ、バッシングを招いた側面は否めない。赤紙事件である。これは、岡田准一がファンクラブ会員に贈った結婚報告のメッセージカードを巡る一連の騒動のこと。“クリスマスイブに結婚を報告しようとしたこと”などにファンが激怒し、SNSには「ファンなら喜んでくれると思った? 最悪な1年の終わり。ファンナメすぎ」「岡田准一のせいで大好きだったV6ファン辞めました。赤紙事件はアイドル好きすべてを否定する一撃」など批判の声が殺到。メッセージカードを燃やす写真をSNSにアップするファンも現れ、文字通り炎上する事態に発展していた。

 今回の出産が素直に喜ばれていないのは、赤紙事件で“アンチ岡田”に転向した元ファンが粘着して叩いていることが原因かもしれない。

 しかしウッチャンナンチャンの内村光良(54)も不倫略奪で結婚に至ったが、現在は好感度抜群。NHKの『紅白歌合戦』で司会を務めるまでにイメージが回復している。

 もちろん不貞行為は許されるべきではないが、今回は出産というおめでたいニュース。鬼の首を取ったかのように「不倫! 略奪!」と声を荒らげることは控えたほうが良いのではないだろうか。

messy

「宮崎あおい」をもっと詳しく

「宮崎あおい」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ