菅田将暉、観客からブーイングで不満? 映画内の趣里との関係に言及

10月20日(土)20時1分 マイナビニュース

映画『生きてるだけで、愛。』(11月9日公開)の完成披露上映会が20日に都内で行われ、趣里、菅田将暉仲里依紗西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が登場した。

同作は、本谷有希子による芥川賞・三島賞候補作となった同名小説を実写映画化。過眠症で引きこもり状態な上に、自分をコントロールできず理不尽な感情にさいなまれる寧子(趣里)と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れるも、やりがいを感じられずに日々をやり過ごす津奈木(菅田)は同棲を続けているが、津奈木の元カノが現れ、2人の関係にも変化が訪れていく。

撮影前に監督といろいろ話したという趣里。プライベートなことも含め「結構何でも話しちゃって」と明かすと、菅田から「それはどんな?」と尋ねられる。趣里が「ご想像にお任せする」と返したものの、菅田は「事務所が一緒だから何となくわかるわ」と納得していた。

また、作中での関係について、菅田が「僕は、お別れするつもりで演じてました」と明かすと、会場からは「え〜!」とブーイング。ファンの反応に「お前ら、現場来たことねえだろうがよ〜!」と不満を見せた菅田だが、「(別れる前提)じゃないとできない抱擁とか、じゃないと使えない言葉だな、と思いながら使ってました。もっと長い時間が経ったらわからないけど、今は一緒にいるべきじゃない、と思って演じてました」と告白した。

一方、趣里も「私も、もう別々の第一歩なのかなと思った」と同意。さらに「元カノが、安堂さん(仲)。そして次に寧子さん。その次は誰か、見てみたい怖さもありますね。すごいチョイスなんです」と、作中の津奈木のエキセントリックな彼女たちについて触れる。

趣里の言葉に、真剣に考えるそぶりを見せた菅田は「別に俺の遍歴じゃない」と自己ツッコミしつつ、「夢があって、生き生きとしてる時に安堂さんと一緒にいて、現実に迎合している感じの時に寧子と一緒にいるって感じ」と津奈木について説明。しかし「僕らの一つの答えなので、皆さんには関係ないと思います」と、観客に解釈を委ねた。

マイナビニュース

「菅田将暉」をもっと詳しく

「菅田将暉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ