吉岡里帆、「スペイン永住あるかも…」 国際映画祭でのできごとに感動

10月20日(日)14時46分 マイナビニュース

映画『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)の公開記念舞台挨拶が20日に都内で行われ、吉沢亮吉岡里帆、若山詩音、長井龍雪監督が登場した。

同作は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』を世に送り出したアニメーションチーム・超平和バスターズ(長井龍雪・岡田麿里・田中将賀)の最新作。高校2年生になる相生あおい(声:若山詩音)は姉のあかね(声:吉岡里帆)とともに暮らしていたが、ある日姉の元カレである金室慎之介(声:吉沢亮)の高校生時代=しんのが13年前から現れ、恋をしてしまう。そんな中、31歳の慎之介とあかねは久しぶりの再会を果たそうとしていた。

大人にこそ刺さるという同作に、吉岡は「観に来た人を全肯定する力がある気がします。あたたかく包み込んで背中をポンと押してくれるような、優しい強さが詰め込まれてると思うので、ふらっと劇場に来てほろっと泣いて、浄化されるんじゃないかな。『あなたは素晴らしいんです!』と言ってるような気がするので、そういうところを感じ取りに来てくれたら」と勧める。若山は「世の中に疲れたとか傷ついてしまったとか、そういう経験がある人にこそ、『劇場であたたまりにきたらどう?』って勧めたいです」と誘い文句を考え、長井監督は「僕の父が70菜なんですけど、『初めてお前の作ったもの、いいと思ったよ』と言われた」と明かした。

同作は「シッチェス・カタロニア国際映画祭にも選出され、吉沢、吉岡、長井監督がスペインを訪れたが、吉岡は「タイトルが出た時点でうわ〜って拍手が起こって。言葉の壁とか文化の壁も超えて、人として心動いてるんだと感じました。前の席の老夫婦の方が、終わったあとに涙ぐんで『よかったよ〜』ということを多分スペイン語で言ってくれてるような気がしました」と喜ぶ。

また吉沢は「舞台挨拶が終わったあとにみんなで食べにいったレストランで食べたイカ墨のパエリアがめちゃくちゃうまかったです」と振り返ると、吉岡は「バゲットにトマトのペーストを塗って、そこに生ハムを乗せて食べたときに『スペイン、永住あるかもな〜』ってなりました」と、移住を考えるほどのおいしさだったことを明かした。

マイナビニュース

「吉岡里帆」をもっと詳しく

「吉岡里帆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ