岡田健史は「努力の天才」 情熱的な仕事ぶり明かされる<フォローされたら終わり>

10月20日(日)13時20分 モデルプレス

岡田健史(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/10/20】俳優の岡田健史が20日、都内で行われたオリジナルドラマ『フォローされたら終わり』(AbemaTV/10月27日よる10時よりスタート※1話15分×2話ずつ、全16話)の制作発表会見に出席した。

◆岡田健史ら「フォローされたら終わり」キャストがサプライズ登場

同作は、とある行動をきっかけに自分の意図しないところで秘密が一瞬にして世界中に丸裸にされてしまう、実態の見えない“SNSのダークサイド”を描き出したSNSサスペンスドラマ。岡田は、連続ドラマ初主演となるが、「気負い、ネガティブなプレッシャーはなかったです」と堂々と言い切った。

この日は、第1話、2話の先行公開試写後、岡田をはじめ小川紗良中尾暢樹、松大航也、犬飼貴丈、ゆうたろう、主要キャスト6名がサプライズで登場。集まった50人のファンの前で、作品にちなんでSNSのこだわりや、SNSデビュー秘話についてトークすることになった。

◆岡田健史は「努力の天才」

2018年のドラマ「中学聖日記」(TBS系)で鮮烈なデビューを飾った後にInstagramを開設し、半日でフォロワーが32万人を突破。現在は71万を超えるほど(※10月20日時点)の岡田だが、これまで共演者からSNSに関してアドバイスはもらったことがなく「『よし、やろう』で今日まで来たって感じです」と独学で楽しみながらやってきたことを告白。

すると、中尾が「健史は努力の天才。何にでも真っ直ぐやるのでアドバイスとか要らないんです」と岡田の才能を評価。絶賛の言葉に照れる岡田は「こうして岡田健史のイメージが作られていくんです(笑)」と微笑んでいた。

◆岡田健史は「すごく情熱的」、犬飼貴丈は「プリウス」

また、親友役の岡田と犬飼には、互いの印象についての質問。犬飼は「僕はこの世界でお仕事させて頂いてちょっと経ったんですけど、(今まで)出会ったことがないぐらいすごく情熱的で、熱を持ってお芝居される方だなという印象です。朝も支度を終えたら誰よりも早く現場に早く行って『このシーンどうしようか?』ってプランを練っていたり。情熱的な俳優さんとお仕事させていただいて、僕たちキャストみんな刺激を受けているんじゃないのかなと思います」と岡田の真摯な仕事ぶりを称賛した。

一方、岡田は犬飼に関して「犬飼さんとしても役としても、すごい低いところからスッと言葉を出してくれます。激昂したり感情的になったり熱量のあるお芝居で落ち着かないといけない時に、犬飼くんの言葉が刺さるっていう印象で、さすがだなと」とコメント。続けて、犬飼の言葉を「プリウスみたい」と独特に形容し、「このへんからスッって…」とジェスチャーも交えて表現していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「岡田健史」をもっと詳しく

「岡田健史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ