“本家”指原莉乃、「恋チュン」大ヒットのタイを初訪問「こんなにも流行っているとは…」

10月20日(土)22時14分 オリコン

タイ・バンコクで行われたBNK48のイベントにサプライズゲストとして出演した指原莉乃(C)AKS

写真を拡大

 AKB48の海外姉妹グループ・BNK48の2ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」がタイで社会現象化する大ヒットを受け、オリジナル曲でセンターを務めた“本家”指原莉乃が、19・20日の2日間にわたってタイ・バンコクを初訪問した。

 指原は訪問初日の19日、BNK48のメンバーとともに、タイの人気情報番組Channel3『Tieang Perd Pra Den』の収録を行った。BNK48は来年1月26日にバンコク・インパクトアリーナで『BNK48選抜総選挙』開票イベントを行うことが決定していることから、番組内では『AKB48選抜総選挙』で史上最多4度の1位を獲得した指原が、説得力ある言葉でメンバーを激励した。この模様は10月22日午後1時から現地で放送される予定。

 番組収録後には、BNK48劇場を訪れ、サプライズ出演。知らされていなかったメンバーは目を丸くして驚き、BNK48ファンは大歓声で指原を迎えた。この情報を聞きつけた現地のファンが劇場外に殺到し、指原を一目見ようと大行列。指原はスマホを向けるファンに笑顔で応じた。

 20日には、BNK48の1stアルバム『RIVER』の発売記念イベントにサプライズゲストとして登場。2万人のファンの前で「恋するフォーチュンクッキー」をBNK48メンバーと一緒に披露した。現地のファンは、もともとは指原が5年前にイントロの振付をレクチャーするために言い始めた「おにぎり!おにぎり!」を大きな声でコールし、センターを務めた指原も「占ってよ」をタイ語で歌うなど、本家との初共演に会場は熱気に包まれた。

 指原は2日間の滞在を振り返り「タイは初めて来ました。皆さんが優しくすてきな街で、とても楽しかったです。『恋するフォーチュンクッキー』がこんなにもタイ国内で流行っていると思わなかったので、本当にびっくりしました。BNK48のおかげでタイでも愛される楽曲になり、とてもうれしく思います」と大喜び。

 また、BNK48メンバーには来年初開催の『BNK48 選抜総選挙』に向け、「顔がかわいい子だったり、ダンスがうまい子はいっぱいいると思うんですけど、ファンとの絆が強いと1位になれるのが総選挙だと思うので、ファンの皆さんと頑張ってほしいです」とエールを送った。

 YouTubeのHKT48公式チャンネルでは、指原のタイ・バンコク訪問のダイジェスト映像を21日から公開予定。

オリコン

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ