岡田健史は「努力の天才」 犬飼貴丈&中尾暢樹ら共演者が称賛

10月20日(日)19時8分 オリコン

AbemaTVオリジナルドラマ 『フォローされたら終わり』制作発表会見に出席した岡田健史

写真を拡大

 俳優の岡田健史(20)が20日、AbemaTVオリジナルドラマ 『フォローされたら終わり』制作発表会見に出席。共演者から「努力の天才」と口々に絶賛された。


 『フォローされたら終わり』は、とある行動をきっかけに自分の意図しないところで秘密が一瞬にして世界中に丸裸にされてしまう、実態の見えない“SNSのダークサイド”を描き出した “SNSサスペンスドラマ”。2018年の『中学聖日記』で鮮烈な デビューを飾った岡田が本作で連続ドラマ初主演を務めた。

 会見直前には抽選で当選したファン約50名向けに1&2話の先行試写を行っており、サプライズで劇中の衣装を身にまとった岡田、小川紗良犬飼貴丈中尾暢樹、ゆうたろう、松大航也が登場すると、大きな歓声があがった。

 はじめに司会から1話と2話で印象深いシーンを聞かれると、岡田は「やはり2話の終わりのシーンが 一番強烈でみなさんも印象に残ったのではないですか?」と回答。小川は、早くも訪れた修羅場シーンに対して「修羅場でしたよね …一生懸命つくったものがあんな風になってしまうなんてショッキングでした」と展開のはやさを感じさせた。

 また、“SNSサスペンスドラマ”である本作品にちなみSNSにまつわるトークを展開。自身の公式インスタグラムを開設した際は、半日でフォロワーが32万人を突破し、現在は71万を超えるほど(※10月20日時点)の岡田は、これまで共演者からSNSに関してアドバイスはもらった ことがなく「『よし、やろう』で今日まで来たって感じです」と独学で楽しみながら更新していることを告白。

 すると、中尾が「健史は努力の天才。何にでも真っ直ぐやるのでアドバイスとか要らないんです」と岡田の姿勢を評価。絶賛の言葉に照れながらも、岡田は「こうして岡田健史のイメージが作られていくんです(笑)」と茶目っ気たっぷりに語った。さらに、犬飼も「岡田くんは今まで出会ったことがないくらい情熱的で熱を持ったひと。朝も支度おわったら誰よりも一番に現場に来ている。刺激をもらった」と発言するなど、共演陣からの主演・岡田への信頼の厚さが目立った。

オリコン

「岡田健史」をもっと詳しく

「岡田健史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ