後藤真希、アイドル時代に彼氏と実家で同棲

10月20日(土)5時0分 RBB TODAY

後藤真希【写真:竹内みちまろ】

写真を拡大

モーニング娘。後藤真希が、19日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。アイドル時代の秘密を明かす一幕があった。


 1999年、13歳のときに新メンバーとして入るや、直後に発売された『LOVE マシーン』でセンターを飾った後藤。以降もモー娘。人気をけん引していたが、そんなアイドル時代、彼女は自分の実家で、まだ交際中だった夫と同棲していたという。

 実家で同棲していた理由について聞かれた後藤は、「外で会うのがやっぱり難しいんですよね。デートも難しいし」と言及。「(彼には)実家の勝手口を使って出入りしてもらっていた」と語った。

 ダウンタウン浜田雅功から「(2人の交際は)親も知ってたってこと?」と聞かれると、彼女は「知ってますね、はい」と、親公認であることも明かした。「よく写真撮られなかったね」という質問には、「うまいことなってたんですよ」と振り返り、その背景として、実家が大家族で多くの人が出入りしていたからだったと自ら分析。だが、この“作戦”に対し、ダウンタウン松本人志からは「やり方があくどいなー」と指摘されていた。

RBB TODAY

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ