松本伊代「意外と家族の中ではしっかり者なんです」 夫のヒロミは「レストランも自分で予約できない」

10月20日(水)17時19分 エンタメOVO

イベントに登場した松本伊代

写真を拡大

 旭化成ファーマ「骨検プロジェクト啓発週間“骨検週間”発表会」が20日、東京都内で行われ、タレントの松本伊代とお笑いコンビ・ラランド(サーヤ、ニシダ)が出席した。

 この日は、骨粗しょう症の黄色信号である「身長のマイナス2センチ」に着目し、松本らが公開身長測定を実施することに。「25歳当時は、157センチだった」と自己申告した松本の測定結果は157.5センチだった。

 この結果に、松本は「成長しているみたいですね」と驚きつつ、「多分、25歳のときの身長が間違っているのかも」と申し訳なさそうに笑った。

 そんな松本だが、今年の6月末、自宅でストレッチ中に「胸椎を圧迫骨折してしまって」と告白。

 初めての骨折に、骨密度低下などの問題もあり、「ひとごとでない」と意識を改めたそうで、「何を食べたらいいかいろいろ調べました。子どもたちも、カルシウムのために小魚を買ってきてくれて。あとはビタミンDのために、シイタケとかキノコ類を多めに食べて、なるべく日光に当たるようにして…」と食生活の変化を明かした。

 診断は全治1カ月半。療養中は「自宅でほとんど寝ていた」といい、「(夫の)ヒロミさんも本当に、介護というか、一生懸命私の面倒を見てくれました」と語った。

 また、「実は私は○○なんです」と答える企画で、松本は「こう見えて、私は意外と家族の中ではしっかり者なんです」と回答。

 「ヒロミさんは病院とか、レストランの予約とか自分でできない。なので、全部私が予約します。お医者さんにも、初めて行ったりするのが嫌だから、『ママ、一緒に来てくれ』と言うタイプ」と明かした。

 さらに、松本は「ヒロミさんは、ここ何年かで、やっとコンビニとかにも1人で行けるようになった。昔はコンビニに1人で入るのも、『恥ずかしい』と行けなかったんです」と話して周囲を驚かせた。

エンタメOVO

「ヒロミ」をもっと詳しく

「ヒロミ」のニュース

「ヒロミ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ