松本吉弘、チーム4連勝となる自身初トップか? 小林剛も今期初トップへ虎視眈々/麻雀・Mリーグ

10月21日(月)17時4分 AbemaTIMES

 Mリーグ機構は「大和証券Mリーグ2019」、10月21日1回戦に出場する4選手を発表した。リーグ首位を走る渋谷ABEMASからは、今期初トップを目指す松本吉弘(協会)が登場。トップを取れば、チームは4連勝となる。

 初トップを目指すのは、U-NEXT Piratesの小林剛(麻将連合)も同じだ。データに裏打ちされた安定感のある麻雀が持ち味ながら、今期は牌に恵まれず、トップがなかなか遠い。それでも1000点、2000点といった手をアガらせれば、トッププロの中でも群を抜くだけに、終盤まで競り合いに持ち込めるかがポイントだ。

 昨期王者の赤坂ドリブンズからは、村上淳(最高位戦)が登場。チームメイトの園田賢(最高位戦)、鈴木たろう(協会)が白星に恵まれず、新加入の丸山奏子(最高位戦)もデビュー戦に向けて準備中。経験豊富な男性3人だけに、まだ慌てることはなさそうだが、最下位脱出は狙いたいところだ。

 女性選手の活躍が目立つ中で、その代表格の一人にあげられるのがTEAM雷電・黒沢咲(連盟)。慌てずじっくりした手作りで、高打点を目指す麻雀は“セレブ”という異名に加え、最近では“不動明王”とも呼ばれ出している。男性3人が必死にアガリを目指す中、一撃でひっくり返す大きなアガリを今夜も見せるか。

【10月21日1回戦】

赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦) 個人16位 +0.3
渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会) 個人22位 ▲66.8
TEAM雷電・黒沢咲(連盟) 個人5位 +79.4
U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合) 個人21位 ▲47.4

【10月18日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +198.9(12/90)
2位 EX風林火山 +147.4(12/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +70.0(12/90)
4位 TEAM雷電 +38.2(12/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲2.2(12/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部  ▲79.9(12/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲145.2(12/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲227.2(12/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

▶中継:初トップが欲しい2選手が出場 10/21(月)19:00〜

▶映像:鋭い視線はプロの証 瑞原明奈の眼光にファン大喜び

AbemaTIMES

「麻雀」をもっと詳しく

「麻雀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ