伊藤美来さん4thワンマンライブレポート│名監督兼ムービースターが一夜限りで魅せる『アーティスト・伊藤美来』という名の大作映画

10月21日(日)13時30分 アニメイトタイムズ

2018年9月30日(日)、東京国際フォーラムホールCにて、声優・アーティストとして活動する伊藤美来さんのライブ「伊藤美来 4th Live Miku's Adventures 2018 〜Live is Movie〜」が開催されました。
今回のライブは、8月15日(水)に発売した4thシングル『恋はMovie』を引っさげた内容となっており、様々なジャンルの楽曲を映画祭のように披露。本稿では、名監督兼ムービースターとして伊藤さんが織りなした一夜限りのステージの模様をお届けします。
伊藤監督が作り上げる等身大の甘酸っぱいラブロマンス“映画監督になって恋をプロデュースする”というコンセプトのもと、楽曲やMVが作り込まれた『恋はMovie』。今回のライブもサブタイトル「Live is Movie」の通り、映画仕立ての演出が盛り込まれています。

開演前のステージには、どこか存在感を放っている「ITO MIKU」と書かれたディレクターズチェアが一脚。昨今では耳にする機会が少なくなってきた映画館の開演ブザーが響き渡ると、OPムービーが上映。
役者として様々な顔を見せる伊藤さんの姿を収めた映像をファンは静かに見守ると、伊藤さんがメガホンを持ってステージに登壇します。
「よーい、アクション!」の掛け声でライブのクランクインを高らかに宣言し、オープニングナンバーの『恋はMovie』を披露。一緒に登場した4人のダンサーこと通称“みっくダンサー”は、MVで使用した衣装や傘、ビデオカメラを持ち寄ったりと、伊藤さんと共にパフォーマンスを繰り広げます。
続く『七色Cookie』では、サビの「混ぜこぜCookie making」で手を回す伊藤さんに合わせ、ファンはイメージカラーである水色のペンライトを回して一体感を増していきました。また、マイクを通さずにスキャットをする姿からは、心の底からライブを楽しんでいる様子が窺えます。
「“Miku's Adventures 2018 〜Live is Movie〜”へようこそ〜!」と元気いっぱいに挨拶をしたMCでは、当日台風が接近していたことも相まって「ありがとう! 本当に会いたかったよ!」とファンへ晴々しい笑顔を見せました。
今回は監督兼女優として映画のようなライブを作り上げる伊藤さん。「これからみなさんを私の作る映画の世界にお招きしたいと思います!」と呼びかけたと思いきや、フリルと真っ赤なリボンが特徴的な純白の衣装に壇上で早着替え。
「映画がコンセプトじゃなかったらこんな姿見られないんだからね?」
その一言をきっかけにファンは火がついたような盛り上がりを見せると、伊藤さんは『泡とベルベーヌ』を歌唱。デート直前の少女のように心躍る面持ちでステージを歩く姿は、まるで恋愛映画のワンシーンのよう。
『No Color』ではファンのペンライトが会場をピンク色に照らし、恋に落ちた少女の淡い気持ちを表現します。ラスサビ直前の「私恋に落ちたの」のフレーズに合わせて柔らかく微笑みかける姿に、思わずドキッとしてしまったファンも多かったことでしょう。
少女から大人の女性へ。浮かんでは消えてく恋ゴコロデートをきっかけに恋に落ちた少女は、夕日に照らされながら相手への想いを募らせていきます。
温かい歌声の中に芯の通った強さを感じられる『守りたいもののために』では、オレンジ色のスポットライトやファンのペンライトが夕暮れ時を演出。伊藤さんが紡ぐ言葉の重みを感じさせてくれます。
振り付けひとつをとっても、想いが丁寧に込められているかのよう。手に持ったペンライトの存在すら忘れ、釘付けになってしまうファンも見られました。
「人はみなチャレンジをしながら日々生きていくわけです。みんなもそうでしょ? 仕事とか学校で色々なチャレンジをしていると思いますが、そんなみなさんに向けて少しでも力になれたらなと思って映画を用意しました」
そんな言葉を残して『あお信号』を優しく語りかけるように歌唱。自身初の作詞曲ということもあり、いっそうの想いを込めてファンの胸にひとつひとつのフレーズを響かせます。
また、ブルーのペンライトは夜空、真っ白なスポットライトは満月を表しているようで、月明かりに照らされながら伊藤さんは一歩ずつ歩みを進めました。
スタンドにマイクを預け、胸に手を当てながら披露したのは『あの日の夢』。しなやかなロングトーンに願いを乗せながら歌う姿を、ファンは静かに見守ります。
少女が奏でた夢のようなラブロマンスですが、深い夜と月明かりが1日の終りを告げました。
どこか消えてしまいそうな儚さが際立つ『Moonlight』。間奏ではダンサーによる男女の恋物語が展開。絶妙な距離感で繰り広げられる一幕に伊藤さんの切なげな歌声が乗り、会場は感傷的な空気に包まれました。
「みなさんの心にグサグサと刺さったのではないでしょうか(笑)」。
いたずらっぽく告げた伊藤さんは「まだまだ感情移入できる映画は続きます」と、先ほどの『Moonlight』に繋げるような形で『ルージュバック』を披露します。
恋ゴコロを表すようなピンク色のペンライトは、2番の入りの「赤く染まって」というフレーズに合わせて一瞬だけ赤く染まり、ファンも含めてひとつのシーンを作り上げているかのよう。
「ここでお別れしないとね」と涙を拭う素振りを見せると、Cメロにかけて溜め込んだ感情を一気に放つようにして、ひとつのクライマックスを迎えました。
ムービースターが『ワタシイロ』に彩るステージここまで恋する少女から悲恋のヒロインを演じた伊藤さん。次の映画では、アクション映画のヒーローを彷彿とさせる勇ましさでオーディエンスを魅了します。
イメージカラーの水色があしらわれたショートパンツスタイルで果敢に登場した伊藤さんは、パワフルに客席を煽りながら『Shocking Blue』を熱唱。拳を突き上げて歌う姿からは伊藤さんの野心的な一面が垣間見えるようで、本楽曲ならではの熱いパフォーマンスを繰り広げました。
わずか4分足らずで最高潮に達した会場に向けて「盛り上がってますか!」と呼びかけた伊藤さん。ファンも負けじと力強い声で反応しました。ここで改めて、当日の衣装について言及します。
最初の衣装を“監督衣装”と称した伊藤さんは『恋はMovie』ならではの素敵な一着だと笑顔を見せました。二着目の衣装は「Animelo Summer Live 2018 “OK!」で使用した衣装のリメイクとのこと。大事なステージを共にした衣装だからと、今回のライブでも着たいという伊藤さんの熱望があったようです。
そして、三着目のショートパンツスタイルの衣装について、ソロライブならではの衣装かもと口にしつつどこか新鮮さを感じているようでした。
衣装へのこだわりを一通り熱弁したところで、「ラストスパート盛り上がっていきましょう!」とポップナンバーの『ミラクル』を披露します。ダンサーも再び登場すると、ミュージカル映画を思わせる多様な立ち回りでパフォーマンスが展開。そのすべてを、弾けるようないつもの笑顔で繰り広げました。
さらに、テンションを底上げするかのように歌ったのは『ワタシイロ』。元気いっぱいにステップを踏んだり、笑ったり、喜んだりする豊かな表情からは、純粋にライブを楽しんでいる様子が感じられました。
「いつまでもみんなの隣にいるから一緒に歩こうね」「今年もみんなのワタシイロが綺麗です!」と喜びを隠せない様子の伊藤さん。ここで4回目のワンマンライブを迎えた心境を吐露します。
「1stのときは自分の曲がほとんどなくてキャラクターの力を借りてキャラクターソングを歌ったり。2ndでやっと『泡とベルベーヌ』を披露したり。3rdでは自分の曲と趣味の曲。そして4th。1stをやるときから、いつか自分の曲だけでひとつのライブが作れたらいいなと夢を見ていたんですけど、この4thでやっとその願いが叶いました!」
「まだまだ半人前ですけど、やっとアーティストとしての自覚も出てきたり。練習しながらやりたいことを考えるようになれたり。自分の成長を感じながらこの4thに持ってこれたのが嬉しかったです」
そして、ソロデビュー3年目に突入する今の気持ち・ファンへの感謝を口にします。
「私はいつまでもずっとみんなの隣にいますから。ずっと待ってるし、来れなかった人のところには会いに行きたいと思うし」
「みっくは逃げないよって。いつまでもみんなの隣にいるから一緒に歩こうねって、(当日来られなかった人にも)伝えてください」
「それじゃ、大好きなみんな。今日はありがとう!」と今の気持ちを告白すると、ラストナンバーの『all yours』を熱唱。ファンから募ったハンドクラップと、伊藤さんが手がけた歌詞によって生まれた本楽曲。
会場のファンをはじめ、残念ながら当日足を運ぶことのできなかったすべてのファンへ向けて、想いを込めて歌い上げます。1階席から3階席まで会場の全員と視線を交わせるように、ずっと手を振りながら最後の最後まで笑顔で駆け抜けました。
すべてのセットリストを歌い終え、全部出し切ったと言わんばかりの表情で会場を見つめる伊藤さん。「みんなの顔を見せてね」と言ってステージを歩きながら、すべてのファンへ向けて感謝の気持ちを伝えに行きます。
最後はマイクを通さない生の声で「みんな愛してるよー!」と今の気持ちを伝えると、とびきりの投げキッスをプレゼントして舞台の幕を下ろしました。
名監督兼ムービースターが魅せた一夜限りのシネマティックなライブ。しかし、『アーティスト・伊藤美来』という名の大作映画は、まだ撮り始めたばかりです。ぜひあなたも、この映画を彩るフィルムの一コマになってみませんか? きっと伊藤監督が“ワタシイロ”に染め上げた名作を作り上げてくれることでしょう。
[取材・文/鳥谷部宏平]
セットリストM1 恋はMovie
M2 七色Cookie
M3 泡とベルベーヌ
M4 No Color
M5 守りたいもののために
M6 あお信号
M7 あの日の夢
M8 Moonlight
M9 ルージュバック
M10 Shocking Blue
M11 ミラクル
M12 Morning Coffee
M13 ワタシイロ
M14 all yours
Instagramアカウント開設https://instagram.com/Itomiku_official (@Itomiku_official)
伊藤美来の「フレッシュはじめました」★映像配信プラットフォーム「FRESH!」で放送中の伊藤美来のレギュラー番組。隔週水曜21時から1時間の番組を生放送中。
https://freshlive.tv/ito_miku (公式チャンネル)
https://twitter.com/ItoMiku_Fresh (公式ツイッター(@ItoMiku_Fresh))
伊藤美来プロフィール伊藤美来(いとう みく)
10月12日生まれ。スタイルキューブ所属。
2012年、第1回スタイルキューブ声優オーディションに合格。2013年ゲーム『アイドルマスターミリオンライブ』の七尾百合子役で声優デビューを果たした後、2014年『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』の宇佐美奈々子役でテレビアニメに初主演を果たす。
2017年はTVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』の百舌鳥野のの役、『アクションヒロイン チアフルーツ』赤来杏役などに出演。2018年『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』にマジンガールズとして出演、そしてTVアニメ「BanG Dream! ガルパ☆ピコ」に「ハロー、ハッピーワールド!」弦巻こころ役で出演中。歌手としてはキャラソンの他、2016年10月12日のハタチの誕生日に満を持してソロでメジャーデビューを果たし、2017年10月11日に1stソロアルバム「水彩〜aquaveil〜」を発売。
http://columbia.jp/itomiku/ (伊藤美来 日本コロムビア特設サイト)
https://ameblo.jp/itou-miku/ (伊藤美来 オフィシャルブログ「みく色のプロローグ」)
https://twitter.com/InfoItomiku (伊藤美来 公式ツイッター(@InfoItomiku))

アニメイトタイムズ

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ