『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』宮野真守さん・引坂理絵さんら声優陣と歴代プリキュア、横浜での完成披露イベントに大集合!

10月21日(日)21時5分 アニメイトタイムズ

▲プリキュア完成披露パレード会場にて、プリキュア55と出演声優陣が大集合!

写真を拡大

本日10月21日(日)、『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(10月27日全国公開)の完成披露イベントが開催されました!

映画の舞台になった横浜に、歴代プリキュア55人と、『HUGっと!プリキュア』出演声優の引坂理絵さん、本泉莉奈さん、小倉唯さん、田村奈央さん、『ふたりはプリキュア』出演声優の本名陽子さん、ゆかなさん、さらに映画ゲスト声優の宮野真守さん、山本美月さんが登場。

横浜グランモール公園では完成披露パレードを実施。この日の午後には、横浜ブルク13にて、完成披露舞台挨拶が開催されました。今回、現地の様子を記した公式レポートが到着したので、ここに公開していきましょう。『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』完成披露イベント公式レポート到着!

パレードの開始前、横浜グランモール公園円型広場にプリキュアたちが登場すると、会場周辺は瞬く間に子供たちから若い男女までが詰めかけ、15年続いたプリキュアシリーズの人気を物語りました。総勢55人のプリキュア、そしてスペシャルゲストとしてキャスト陣が登場すると、突然始まった豪華イベントに道行く人が立ち止まり、広場は拍手に包まれました。

賑やかな空気の中、キャストそれぞれの挨拶では、引坂さんが「盛り上がっていっくよー!」と呼びかけるとキュアエールの声に子供たちは大興奮!

また、本泉さんが「皆さんお空をみてください。綺麗なアンジュ色ですよ!」と役柄への愛情を見せ、小倉さん、田村さんもそれぞれ「本日は短い時間ですが、宜しくお願い致します!」、「本当、晴れてよかったなと安心しています!」とイベントの開催を喜んだ。

また、本名っさんは「ちっちゃいお友達もたくさん来てくれて嬉しいよ! 昔ちっちゃかったお友達もありがとう!」と集まった観衆に呼びかけると、集まっていた大人たちからどっと笑いが起こりました。

本名さんと手を繋いで登場したゆかなさんは、「私たちが一番最初の映画のとき、横浜で完成披露を行いました。想い出の地で皆さんに会えるのを嬉しく思っています。」と、記念すべき劇場版1作目「映画ふたりはプリキュア MaxHeart」でのエピソードを語りました。

ゲスト声優として参加した宮野さんは、「大好きなプリキュアシリーズに参加できて嬉しいです。今日は皆さんの記憶をいただきたいと思いまーす!」と、自身の演じた“プリキュアの大切な想い出を奪う“ミデンにちなんだコメントを披露。

同じく、ゲスト声優、そして本作の宣伝隊長でもある山本さんは、「すごく緊張しています。こんなたくさんのプリキュアに囲まれている私はとても幸せなので、是非マスコミの皆さんに可愛く撮っていただいて、待ち受けにしたいと思います。」と緊張した面持ちでプリキュア愛を覗かせました。

●55人のプリキュアが勢ぞろい!
MCから、勢ぞろいした55人のプリキュアを見ての感想を聞かれると、引坂さんは「本当に圧巻です! こんな貴重な機会をいただけて嬉しいです!」と満面の笑みを見せ、つづいて本名さんが「まさに、ぶっちゃけありえなーい!といった気持ちです!」とおなじみの台詞を口にすると、宮野さんが「本物じゃないですか…!」とつぶやく一幕もみられました。

そんな宮野さんは、「皆さん本当カラフルで可愛くて…。1人だけ男子でここに参加できて幸せです。楽しみたいです。」と女性ばかりに囲まれた状況に笑顔を見せ、山本さんは「圧巻です。一人ずつと写真とりたいです…!」と述べ、「ただのファンですみません」と謙虚にコメントしました。

●本作への出演が決まった際の心境は?
本作への出演が決まった際の心境について問われると、宮野さんは「15年前、ふたりはプリキュアを見ていたので、このタイミングで自分が参加できると思っておらず驚きました。アフレコのときにも隣にはレジェンド2人がいたので、すごく興奮しながらスタジオにいました。役としては立ちはだかる役なので、自分の本気で向かって、頑張りました。」とコメント。

そして山本さんは「15年前中学1年生で見ていたので、少しでも関わることができてうれしかったです。」とそれぞれが15年前の「ふたりはプリキュア」を見ていたという共通点を明らかにしました。

さらに、2年半ぶりのオールスターズが本作で復活すると聞いたときの心境について引坂さんは「15周年だから何かあるんじゃないかと思っていたんですが、55人登場すると聞いてとても驚きました! 私自身もどう作品に向き合っていけるかな、と考えました。」とコメント。

本名さんは「最初は1年だと言われていたプリキュアがここまで続いて、55人のプリキュアたちと今ここにいれることが本当に嬉しいです。1作1作一生懸命に立ち向かってきただけなんですが、頑張った先にはいいことがあるなと思いました。」と感極まった様子を見せました。

●プリキュア55人によるダンスパレード開始
フォトセッションの後、キャスト陣が名残惜しくもその場を後にすると、55人のプリキュアによるダンスパレードが開始! パレードを見ようと、会場には、なんと1万人もの観衆が詰めかけました! 会場を埋め尽くす観衆の中、プリキュアたちがダンスや名乗りを交えて進むと、同じく曲に合わせて振り付けを踊る子供たちや、通りすがりの方々がみんな揃って立ち止まるなど、多くの人の関心を集め、パレードは熱狂の中無事に幕を閉じました。完成披露舞台挨拶の公式レポートも公開!

場所を横浜ブルク13に改め、午後からは完成披露舞台挨拶が開催! 本作の公開を心待ちにしてくださっている方々によって、客席は満員御礼! インベント開始前から、今か今かと豪華キャストとプリキュアの登場を楽しみに待つ声を聴くことができました。

イベントが始まり、午前のイベントに引き続き、「HUGっと!プリキュア」より引坂理絵さん、本泉莉奈さん、小倉唯さん、田村奈央さん、「ふたりはプリキュア」より本名陽子さん、ゆかなさん、映画ゲスト声優の宮野真守さん、山本美月さん、そしてキュアエールとキュアブラックが登場すると客席からは盛大な拍手が起こりました。MCから挨拶を求められると、引坂さんは「今日は映画を見に来てくださってありがとうございます!」とコメント。

本泉さんは「こうして皆様に直接お会いできて大変嬉しく思います。」とそれぞれ集まった観客に感謝を述べました。

小倉さんは「ついにこの日がやってきた!という感覚です。とても長い時間をかけてスタッフさんと作ってきたので、皆さんがどんな反応をされるのかとても楽しみです。」と、本作の待ち望んだ完成を喜びました。

また、田村さんは「プリキュアのこういう舞台に立たせていただくのが初めてなので、ドキドキしているのですが、楽しませていただこうと思います!」と、笑顔を見せました。

本名さんは、「映画公開よりも少しはやく皆さんに観ていただけるとのことで、楽しんでいただければなと思います。」、ゆかなさんは「横浜は、私たち2人にとってもとても思い出深い場所なので、ここで上映させていただくというのがとても楽しみです。」と、それぞれイベントへの期待を述べました。

宮野さんは「みなさんプリキュア好きですか? 僕もプリキュアが大好きです! 15周年という記念すべきタイミングで出演できることを嬉しく思います。」と、客席に呼びかけるパフォーマンスに会場も一体となって答えました。

山本さんは「本来はそちら側に座っているはずなのに、こちらに立っているので、普段の映画の舞台挨拶より500倍緊張しています。」と、緊張を語り、「ロケバスでも人見知りを発揮してしまって…。神と崇めている方々の目を見れなくて…。ここに立っているのがとても恥ずかしいですが、宣伝隊長としてメディアに出る最後の機会なので、楽しみたいと思います。」と、ファンならではのドキドキを笑顔で語りました。

●本作が完成した感想は?
本作の完成ということで感想を求められると、引坂さんは「待ってましたという感じです! 皆さんもそうですよね? 私も同じ気持ちです。長く時間をかけた映画ですので、ここまでの想いなども伝わると思います。」と、本作の出来に自信を見せました。

本名さんは「こうして55人のプリキュアが登場する映画ができて、ぶっちゃけありえな〜い! という思いで、そして皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。」と、15年前から今までの想いを語りました。

はぐプリチーム5人が揃って映画に登場するのは初ということで、感想を求められると、本泉さんは「パワーアップしたところを感じていただけると思います!」とコメント。

引坂さんも「それぞれの色んな部分がパワーアップしています。」と賛同し、小倉さんも「2回アフレコがあったんですが、最初はシリーズ始まったばかりの1回目で私たちにも距離がありました。2回目は私たちの距離も縮まって、リラックスしてできました。」と述べました。

本泉さんが「2回目は1回目に録ったものを聞いて、こんなお芝居してたんだと思い出しながら収録したので、より成長を感じました。」と現場を振り返ると、「自分たちでも成長を感じた!」、「それはすごく感じた!」と口々に同調するはぐプリチームからは、仲の良さを感じられました。

「ふたりはプリキュア」チームの2人からは、「実は、一番最初の「ふたりはプリキュア」のあのロゴが映画でかかるのは初めてなんです。」と驚きの告白!

本名さんが「マックスハートではあるんですけどね。」と述べると、ゆかなさんは「最初は1年きりの予定だったので、映画になる予定ももちろんありませんでした。女児向けアニメで劇場版一本掛け、という前例がなく、その記念すべき一作目にプリキュアが選ばれたよと知ったのが、1年目の終わりごろでした。」と経緯を語り、「もうこれだけで3日くらい語れる…!」と、プリキュアへの愛情いっぱいの様子をみせました。

本名さんも、「当時4、5歳だったのかなって方もいらっしゃってて、そして今お子さんもたくさんいらしてて、こうして見てるだけでウルウルきちゃうんです。写真うつりとかあるんですが、上手く撮ってください。」と、感慨深く述べ、ゆかなも「美しく撮ってください。」と、同調し会場を笑わせた。

さらに、はぐプリチームには、「ふたりはプリキュア」の二人との共演について質問が及び、引坂さんが「これは個人とキャラクター、ふたつに分けて語らないといけないんですが…」と前置きして「私としてはテレビシリーズみてたので共演は「きたーーーー!」って感じだったんですけど、それはもうファンとしてでした。でもはなちゃんとしては新しい心強いプリキュアとの出会いなので、不思議な感覚でした。」と振り返りました。

他のはぐプリメンバーからも「本当に!」と賛同する声が口々に聴かれ、「アフレコ現場で生の名乗りが聴けたとき感動しました。」、「私たちもプリキュアチームの一員だから、頑張らないとって思わされました。」、「一言で空気が変わるんです。」、「かっこいい!」と、終始尊敬と憧れを抱いた様子で、先輩たちの現場での姿を語りました。

●宮野さん&山本さんも本作への喜びを語る
また、15年前に「ふたりはプリキュア」を見ていたという宮野さんは、「20ちゃいのときに観てました。(笑)」と、おどけつつも、「かわいい女の子がボコバコ肉弾戦で衝撃を受けましたが、それが格好良かった! すでに声優として仕事をしていたので、声優仲間が出ていたりすると、僕もあの小さい妖精で出れたりしないかなと淡い期待を抱いていました。そしたらこんなすごいタイミングで、妖精というかもうてるてる坊主みたいなやつで出ることができました。今回は立ちはだかるキャラクターなので、小さいお子様は怖いところもあるかもしれないですが、最後には心があたたかくなる映画となっております。」と、念願の出演であったことを語りました。

山本さんは「まだまだ緊張していて、ここでずっと皆さんのお話をきいていたいです。私にとっては、今回映画で大人のお姉さんとして出てくるんですが、心の中ではいつまでもプリキュアと同年代の気持ち。いつのまにプリキュアを追い越しちゃったんだろうって。出演が決まってとっても嬉しかったのですが、ただのファンなので、絶対プリキュアの世界を壊しちゃう! と不安でした。」とコメント。

そんな山本さんに、一足先に完成品を観た引坂さんは「臨場感のあるお芝居で、胸に来る、すごく素敵なお姉さんでした!」と語ります。

本名さんは「山本さんそのままの素敵なお姉さんでアニメの世界に溶け込んでおられました。」と、コメント。褒められた山本さんは「皆さん優しすぎます!」と頭を抱えるリアクションをとっていました。

宮野さんとの共演について質問が上がると、宮野さんは「現場が華やかで、僕そこに馴染んでいけるほうなんで、休憩時間も「おこわ食べようよー」とか「アイスとけちゃうよー」とか楽しかったね。」と述べ、引坂さんも「宮野さんもうずっといらっしゃったみたいでした!」と、女性ばかりの現場にすっかりなじんでいた様子を語りました。

また、宮野さんが「そこにレジェンドがどしっといてくださって。」と話を続けると、本名さんからは「これまで何度も宮野くんとはご一緒してるんですけど、今回初めて「ふたりはプリキュア」を観ていたんだと色々なところで話してくださっていたのを観て知りました。」とコメント。

「そうなんですレジェンド。」とおどける宮野さんとは対照的に、「そんな話聞いたこともないし、これはいわゆるサービストークなんだなって思ってました。」、「そうなんです! こうして宮野さんがサービストークしてくださって、周りに馴染まそうとしてくださってるんだって、さすが子役はちがうなあって思ってたんです。」と、本名さんとゆかなさんは、2人で話していたという宮野さんのサービストーク疑惑に言及。

宮野が慌てて「違います!」と弁解すると、ゆかなさんが「それが違うところから本当の話なんだよって聞いてね。」と続け、本名さんが「すごくうれしかったです。」と笑顔で述べました。

ゆかなさんが続けて「何度も色んなところでご一緒しているのに言ってくれなかった。」と不満げにすると、宮野さんは「言わないですよ!」と声を大にする場面を観られました。

最後に、本名さんから「皆さんお待ちかねのオールスターズが始まります! お楽しみに!」、そして引坂さんからは「皆さんのプリキュアとの想い出を思い出しながら映画を観ていただければ楽しいと思います!」と公開を心待ちにするファンへ向けてメッセージが送られました。

満席の客席からは溢れんばかりの拍手が起こり、終始賑やか且つ和やかな雰囲気のままイベントは幕を閉じました。

アニメイトタイムズ

「プリキュア」をもっと詳しく

「プリキュア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ