早見沙織さん、宮野真守さん、櫻井孝宏さん、坂本真綾さんが登壇した『劇場版 はいからさんが通る 後編 〜花の東京大ロマン〜』の舞台挨拶をレポート!

10月21日(日)10時0分 アニメイトタイムズ

2018年10月20日に新宿ピカデリーにて『劇場版 はいからさんが通る 後編 〜花の東京大ロマン〜』の舞台挨拶が行われました。このイベントに早見沙織さん(花村紅緒役)、宮野真守さん(伊集院忍役)、櫻井孝宏さん(青江冬星役)、坂本真綾さん(ラリサ役)が登壇。
今回初めて作品のラストパートまで映像化されたということで、声優陣の作品やキャラクターに対する思いもひとしおとなりました。本稿ではそんな声優陣の熱い思いや、ちょっとお茶目な部分を披露したイベントの模様をお届けします!
紅緒と出会ったからこそ生まれた冬星渾身のギャグまず、声優の皆さんから『劇場版 はいからさんが通る 後編』が公開となったことに対する感想が語られます。まず、早見さんは初めて作品のラストパートまで映像化されたという感動や、後編になってラリサなどの気になるキャラクターが描かれ楽しかったと述べました。
宮野さん演じる忍は今回、記憶を無くしているということで、それゆえ宮野さんは忍の根本的な所に触れられたと語ります。
櫻井さんは「今回僕はギャグ担当です」と自虐ネタを挟みつつも、紅緒と出会い、紅緒と触れ合うことで冬星の本来の人間性が透けて見えたと述べます。それを踏まえた上で、「だってそうじゃないと、“冗談はよし子さん”なんてあんな大きな声で……」というと会場は笑いに包まれました。
坂本さん演じるラリサは紅緒の恋路に突然現れる「誰だお前!」なキャラクターということで、観ている方に嫌われるのではないかと思いながら演じていたと語ります。しかし、ラリサは紅緒と違った価値観を持ち、病気や、戦争で夫を亡くすなど自分ではどうしようもない過酷な運命の中で戦ってきた女性の一人であると感じ、坂本さんなりに愛していると熱く述べました。
坂本さん「あなた許してくださる私のようなじょ……」特に今回の後編では原作のラストパートが描かれるということで、それぞれのキャラクターの心情が揺れ動くさまについて語っていただきました。
早見さんは、紅緒は前編ではキャイキャイしていたところがあったが、後編は職業婦人になったことで大人の女性としての別れ、新しい出会いを経て自分の道を信念を持って進んでいくという流れを感じたと語ります。それを聞いた宮野さんから「大人になったねぇ」とまさしく紅緒の成長を喜ぶ一言が発せられました。
そのまま話の流れで櫻井さん演じる冬星のことを「いい人すぎる……」と宮野さん。それを受けて櫻井さんが「紅緒がいたから冬星は変われた、紅尾が好きな人ならね……」と語ると出演者からは感嘆のため息がもれました。
また、ラリサの「あなた許してくださる私のような女を」という言葉に早見さんは「私の男心がくすぐられました」と若干興奮気味に語ります。しかし、坂本さんは本番でこのセリフを「私のようなじょ……」と噛んだという裏話を披露し、会場は笑いに包まれました
ここで、原作者の大和和紀先生から後編の公開を記念し、お花がプレゼントされました。
??新宿ピカデリー舞台挨拶 ありがとうございました??大和先生より素敵なお花を頂きました??このあとは後編公開記念番組!「はいからさんが通る 花の放送大ロマン??」日時:14:45?15:30(予定)出演:https://twitter.com/haikara_anime/status/1053497629089325058?ref_src=twsrc%5Etfw (2018年10月20日)

そして最後に声優陣から一言メッセージが送られ本イベントは終了しました。
坂本真綾さん:もうひたすら紅緒が可愛い映画です。アフレコ中も「早見ちゃん可愛い可愛い」と言いながら演じていました。今の私たち世代が好きな仕事をして、好きな人と結婚したりと、自由に生きられるのもこの時代の女性が戦ってくれたからなんだなー。と思いながら、是非たくさんの人にこの作品を観ていただき、女性には強くなっていただきたいと思います。ありがとうございました。
櫻井孝宏さん:激動の時代を懸命に生きる紅緒達をぜひ観ていただきたいですし、そこで感じたものを皆さんの中で大切にしていただきたいなと思います。本日はどうもありがとうございました。
宮野真守さん:不朽の名作、まさしくその通りだと思いました。今と当時は当然価値観が違うのですが、作品に込められた普遍的なメッセージがあるからこそずっと感動していられるし、ずっと好きでいられるんだなと思います。たくさんの方に観ていただきたいなと思いますので今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。
早見沙織さん:私達の時代、紅緒達の時代にも人の手ではどうにもできないことがあると思うのですが、それでもみんな新しい日を迎えて立ち上がって生きていくんだというのをスクリーンの中から感じ。明日からの糧にしていただけたらと思います。ありがとうございました。
[文・撮影/古瀬敏之]
作品情報
● スタッフ
原作:大和和紀『はいからさんが通る』(講談社 KCDX デザート)
監督:城所聖明
脚本:古橋一浩
キャラクターデザイン:西位輝実
総作画監督:伊藤秀樹・大竹紀子・中村深雪
作画監督:渡邉真由美・鷲田敏弥・大西陽一・一川孝久・飯田清貴・吉岡彩乃
演出:野田泰宏・榎本守・高林久弥・城所聖明
美術デザイン:加藤靖忠
美術監督:小幡和寛
色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:秋山涼路
音響監督:若林和弘
音楽:大島ミチル
主題歌:早見沙織「新しい朝(あした)」(作詞・作曲:竹内まりや 編曲:前口 渉)
アニメーション制作:日本アニメーション
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画 (c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
● キャスト
花村紅緒:早見沙織
伊集院忍:宮野真守
青江冬星:櫻井孝宏
鬼島森吾:中井和哉
藤枝蘭丸:梶裕貴
北小路環:瀬戸麻沙美
ラリサ:坂本真綾
http://haikarasan.net/ (公式サイト)
https://twitter.com/haikara_anime (公式Twitter(@haikara_anime))

アニメイトタイムズ

「宮野真守」をもっと詳しく

「宮野真守」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ