ラグビー部出身・サンド伊達、W杯経ての変化明かす 「全く興味の無かった奥さんが...」

10月21日(月)16時42分 J-CASTニュース

サンドウィッチマンの伊達みきおさん。ラグビー部で相方と出会った

写真を拡大

お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおさんが、ラグビーへの想いを語った。

伊達さんは、高校時代にラグビー部に所属。ラグビー部で相方の富澤たけしさんと出会い、のちにサンドウィッチマンを結成した。



「ラグビーに興味の無かった僕の奥さんが、大声を出して応援し...」



伊達さんは、ラグビーワールドカップ日本大会準々決勝・日本対南アフリカ戦が行われた直後の2019年10月20日夜にブログを更新。試合結果について、



「ラグビー日本代表...ありがとうございました!本当にお疲れ様でした!」

「日本のラグビー史において、ワールドカップベスト8進出という...とてつもない結果をもたらしてくれました」


と選手を称えた。サンドウィッチマンは大会前からメディアなどを通じてこのワールドカップを盛り上げてきたが直前はやはり、



「正直...僕らも一生懸命に大会を煽っていたけど、大丈夫なのかな...ちゃんと盛り上がるのかなぁって不安に思ってました」


とのこと。しかし、



「それが、蓋を開ければ開幕戦から猛烈に強い日本代表の快進撃のお陰で、ご覧のラグビーフィーバー!」

「こんなにも、ラグビーワールドカップが日本中を圧巻するなんて。。全て、ラグビー日本代表選手達の強さがこうしたんだと思います」


と練習と努力を積み重ねた選手たちを称賛していた。



さらに伊達さんは、


「このラグビーワールドカップを期に、ラグビーをやりたいと思う少年達が増えていると聞いた」

「前回大会を含め、ラグビーって面白いって感じてくれた人が沢山いる」


と、今後競技人口が増えることに期待しつつ、



「これまで、全くラグビーに興味の無かった僕の奥さんが、大声を出して応援し...涙を流して感動していた」
「嬉しかったなぁ」


と家庭内の変化も告白。



最後には、「ラグビー日本代表!ありがとうございました」とお礼をつづり、日本を破った南アフリカに対し、「南アフリカ代表、決勝でオールブラックスを破って優勝して下さい!」とエールを送っていた。

J-CASTニュース

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ