「18歳のグラビアクイーン」浅川梨奈、ボディの発育ぶりに熱視線!

10月21日(土)17時0分 メンズサイゾー

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバーで、女優としても活躍する浅川梨奈(あさかわ・なな/18)。見事なプロポーションを誇る彼女はグラビア人気も抜群で、男性誌の表紙を飾りまくっている。


 現在発売中の「週刊ヤングマガジン」(講談社)でも、表紙&巻頭グラビアに登場。笑顔とボディを弾けさせたビキニショットをはじめ、高校生らしい制服姿や競泳タイプの水着姿などを見せた。ぴっちり系のレオタードを身につけたグラビアもあり、キュートでセクシーな仕上がりになっている。


 浅川は同誌の発売後、SNSにオフショットを連投。20日のInstagramでは、胸元にあしらった赤や紺の混じったリボンが可愛らしい白ブラウスの制服姿で、男心をくすぐる"困り顔"と遠くを見つめている物憂げな表情という2パターンの写真を公開した。


 続けて、バレーボールで使用すると思われるネットに手をかけ、レオタード姿でカメラをジッと見つめるオフショットも。同誌の発売直後に浅川は、「今回のグラビア凄く好き〜制服カットがお気に入り」とTwitterで綴っているため、オフショットも自然とスクール系のものが多くなったのかもしれない。


 今回のグラビアにはネット上のファンからも、「相変わらず可愛い」「さすがのクオリティ」「良い身体すぎて困る」といった絶賛コメントが。オフショットにも興奮の声が殺到しており、さらにグラビア人気が上がったと言えそうだ。


 またファンは、浅川の"発育"にも注目。実際のところは不明なものの、以前よりも「胸が大きくなった気がする」と巨乳化を指摘する声が続出している。確かに2015年に「1000年に一度の童顔巨乳」というキャッチコピーでグラビア活動を本格的に始めたころと比べ、胸は大きくなっている印象。当時から彼女のグラビアを見つめるファンにとって、カラダの成長を感じられるのは大きな楽しみになっているようだ。


 グラビアデビュー以降、さまざまな雑誌を彩り、今や「18歳のグラビアクイーン」とまで呼ばれる浅川。その勢いは衰えるどころか加速しており、今夏発売の「ヤンマガ」では、グラビア界の超新星として注目を集める小倉優香(19)や、「とんでもないイツザイ」と話題の現役JDグラドル・わちみなみ(22)とのスリーショットグラビアに登場した。


 浅川はこの「ヤンマガ」と同日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)でも単独で表紙を飾るなど、まさに大車輪の活躍。その後も彼女を表紙に起用した雑誌が立て続けに発売されており、浅川は今月13日更新のTwitterで「グラビアを始めてから約2年。グラビア表紙数が50冊を越えました」と、驚異の数字を明かした。


 グラビア人気の沸騰と共に女優業も絶好調。今夏には主演映画『人狼ゲーム マッドランド』が封切られ、今月14日にはメインキャストを務める映画『恋と嘘』が公開された。来春公開の映画『honey』にも出演する予定で、女優業もフル回転だ。


 ボディの発育ぶりで注目を集め、女優業としても活躍する彼女は、まだまだ人気を高めることになりそうだ。

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

グラビアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ