AAA宇野実彩子、ケイト・ブランシェット演じる“死の女神”に「魅力的で、より怖い」 映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」試写会2

10月21日(土)22時0分 MAiDiGiTV


 男女6人組ユニット「AAA(トリプルエー)」の宇野実彩子さんが19日、東京都内で行われた映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」(タイカ・ワイティティ監督、11月3日公開)の日本最速試写会に登場。宇野さんは、ケイト・ブランシェットさん演じる新キャラクターの“死の女神”ヘラについても「怖かったですね。超強い。あんなに強くて、冷たい美しさがあるのが、魅力的で、より怖い。最大の女性の悪役だな」と心酔している様子だった。

 「マイティ・ソー」は、「スパイダーマン」や「アイアンマン」などを生んだ米マーベルの人気コミックが原作。シリーズ最新作となる今作「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、アベンジャーズの一員・ソーの前に復讐(ふくしゅう)と野望に燃える死の女神・ヘラが現れ、ソーの故郷への攻撃を始める。故郷を奪われたソーは、ヘラを倒すため盟友ハルク、宿敵ロキ(トム・ヒドルストンさん)らと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み、バトルに挑む……というストーリー。

 試写会にはヒップホップアーティストのPUNPEE(パンピー)さん、アメコミに詳しいライターの光岡三ツ子さんも登場した。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

AAAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ