『アイカツフレンズ!』のメンバー大集結「BEST FRIENDS! スペシャルLIVE 〜Thanks⇄OK〜」レポ (1) アイドルの個性溢れる華やかなステージ!

10月21日(月)8時0分 マイナビニュース

『アイカツフレンズ!』で声と歌唱を担当している「BEST FRIENDS!」初のワンマンライブ「BEST FRIENDS! スペシャルLIVE 〜Thanks⇄OK〜」が、2019年8月17日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。

出演者は、松永あかね(友希あいね役)、木戸衣吹(湊みお役)、美山加恋(蝶乃舞花役)、二ノ宮ゆい(日向エマ役)、陶山恵実里(白百合さくや役)、桑原由気(白百合かぐや役)、田所あずさ(神城カレン役)、大橋彩香(明日香ミライ役)、逢来りん(春風わかば役)。アンコールではシークレットゲストも登場して、まさにスペシャルの名に相応しい内容となった。

時間になりOPムービーが流れると会場には拍手が響く。その拍手に促されるように、出演者たちがアイドル衣装に身を包んでステージに姿を現した。そして、まずは松永と木戸が「ありがと ⇄ 大丈夫」を披露。軽快なステップを織り交ぜながら笑顔で歌い、作品の世界へとみんなを誘っていく。続けて、田所と大橋が「Believe it」で大人っぽさと可愛さが融合したステージをみせる。向い合って手を伸ばし、ラストで手を絡めてハートマークを作るところも印象的だった。

改めて、出演者9人が登場して挨拶。言い間違えてテイク2になってしまったところも、ライブならではのご愛嬌だろう。その松永は、にこやかな表情でソロ曲「窓-ココロ-ひらこう」を歌い上げる。ぴょんと跳びはねる姿も可愛い「次はみおだよ」と呼びこむと、木戸は「セカイは廻る」で今度は格好良いパフォーマンスで魅了していった。

みんなの合唱から情熱的なステージを披露したのは美山。「Girls be ambitious!」のリズミカルなメロディにのせてオシャレさも醸し出していくと、そこに二ノ宮が加わって2人で「みつけようよ♪」へ。艶やかな美山の声と可愛い二ノ宮の声もよくマッチしており、やり取りするような振り付けも楽しい。

そのまま二ノ宮が「パシフィコいくよー!」とソロ曲「おけまる」をハイテンションに歌えば、逢来はスクリーンに映しだされたわかばと同じダンスで「この世界はすばらしい」を披露。初のソロということで緊張したそうだが、それ以上に満面の笑顔で初々しさと可愛さの両方をみせてくれた。

MCでは舞台裏でかなり緊張していたと逢来が語ると、松永や二ノ宮もかつての自分と重ねあわせて振り返る。そんな後輩たちの様子を優しく見守る木戸。ついこの間までは、声優として木戸が後輩の立場なことも多かっただけに、その姿はとても感慨深い。とはいえ、芸歴では5歳でデビューした美山には誰も叶わなかったが。

続いては、田所が「愛で溢れている」、大橋が「アイデンティティ」とソロ曲を連続で披露。愛情たっぷりの包み込むようなパフォーマンスに、リズムがさまざま変化する楽しいステージと、それぞれ違った雰囲気で楽しませていく。

陶山の「導かれて」での情感豊かな歌声は、切なさも力に変える感じさえ受けるものであり、「偶然、必然。」を披露した桑原は凛々しい表情と笑顔のどちらも魅力的なステージだ。そして、陶山と桑原による「絆 〜シンクロハーモニー〜」では、2人は息がぴったり。対になるように近づいたりポジションチェンジするダンスも見どころだった。

この4人によるMCでは新衣装もアピール。衣装(ドレス)は「アイカツ!」の魅力のひとつであり、それぞれのお気に入りのドレスの話題で盛り上がる。すると、「こんなドレスはいかが?」と木戸と松永がグッズとして販売していたマカロンハッピーを着て登場。みんなにもそれを渡して「マカロン音頭」で楽しませてくれた。

マイナビニュース

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ