V6井ノ原快彦&なにわ男子・道枝駿佑、親子役で共演<461個のおべんとう>

10月21日(月)5時0分 モデルプレス

井ノ原快彦、道枝駿佑(C)2020「461個のおべんとう」製作委員会

写真を拡大

【モデルプレス=2019/10/21】V6の井ノ原快彦と、関西ジャニーズJr.でなにわ男子のメンバー・道枝駿佑が、映画「461個のおべんとう」(2020年秋公開)で共演することが発表された。

同作は、ヒップホップバンド・TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるお弁当エッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を映画化したもの。高校生の息子のために、毎日お弁当を作り続けた父と子の交流が温かく描かれた、笑いあり涙ありの物語である。

◆井ノ原快彦、息子のために毎日お弁当を作る父親に

井ノ原は、ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹を演じる。役作りのために、自宅で料理の勉強をしているという井ノ原は「特に、卵焼きは1日3個は作るようにしています」と明かした。

また、今回親子役で共演する道枝とは、撮影中に2人で弁当を食べたり、他愛のないメールをしたりして交流を深めているという井ノ原。「本当に息子でもおかしくない歳の差ですが、2人で話しているときは楽しくて、僕の知らないゲームや音楽を教えてくれたり、なんだか新しい友達が出来たような気持ちです」と仲睦まじい現場の様子を紹介した。

◆井ノ原快彦の息子役に、なにわ男子・道枝駿佑が決定

一方、一樹の息子・虹輝を演じる道枝は「クランクインする1ヶ月くらい前までは、不安な気持ちでしたが、メインの役どころで映画に出演するのが初めてだったので、楽しみもありつつ不安もありつつといった両方の感情が一気に押し寄せています」と心境を吐露。

井ノ原からは「親子だから、敬語じゃなくてタメ口でいいよ。怒らないから大丈夫だよ」と言われたそうで、「ちょっと気を遣うところもありますし、探り探りなところもありますが…。僕がスタッフさんにお芝居を確認したい時、井ノ原さんは(自分の演技とは)関係ないのに、いつも段取りに付き合って下さったり、いつも笑顔ですごい優しい方だなという印象です」と語った。

◆監督・兼重淳、作品に自身「手応え充分」

また、同作の監督を務める兼重淳氏は、「今まで見たこともない井ノ原快彦さんのナチュラルなお芝居、今でしか撮れない道枝駿佑さんの透明感を収められている。手応え充分だ」とし、「でも…井ノ原さんは『イノッチって呼んでくださいよ』と言ってくれるが、未だに『井ノ原さん』だ。道枝さんは『ミッチー』と呼べるようになった。アップまでに井ノ原さんを『イノッチ』と呼べたら良いな」とコメントした。

さらに、同作の音楽を手掛ける原作者の渡辺は「映画を観に来る人は、全員家族がいると思うんです。で、家族の接し方が、友達とか他人とか色んな社会よりもシンプルだけど複雑なようで、一番難しいと僕は感じてるんですよね」と明かし、「でもこの映画を観て『あぁ家族っていいな』とか『親子っていいな』とかいうものを感じ取っていただいて、『ありがとう』 という言葉が出たりすると、とても嬉しいです」と希望を口にした。

なお、撮影は10月1日にクランクインし、現在撮影中である。(modelpress編集部)

◆井ノ原快彦コメント

高校生の息子を育てる父親を演じます。息子役の道枝くんとは、撮影中は毎日2人でお弁当を食べたり、撮影がないときでも他愛のないメールをして仲良くしてもらっています。本当に息子でもおかしくない歳の差ですが、2人で話しているときは楽しくて、僕の知らないゲームや音楽を教えてくれたり、なんだか新しい友達が出来たような気持ちです。

この作品はお弁当を作るシーンも多いので自宅で料理の勉強をしています。特に、卵焼きは1日3個は作るようにしています。お弁当といえば、学生時代に母が作ってくれたお弁当を思いだします。ある日開けてみたらうさぎ型のリンゴが入っていました。

思春期の僕にはそれがなんだか恥ずかしくて、隠しながら素早く食べたことがありました。誰も僕のことなんか気にしていないのに、必死にうさぎのリンゴを隠している自分。今考えると愛おしい思い出です。

撮影はスタッフ、出演者一同和気あいあいと順調に進めています。お弁当、音楽、青春と恋愛、そして親子の物語です。来年の公開をお楽しみに!

◆道枝駿佑コメント

クランクインする1ヶ月くらい前までは、不安な気持ちでしたが、メインの役どころで映画に出演するのが初めてだったので、楽しみもありつつ不安もありつつといった両方の感情が一気に押し寄せています。

原作を読んで、(自身が演じる)虹輝の様々なシーンでの表情や、親子の掛け合い、普段の私生活の掛け合いをシミュレーションしていました。普段は歌って踊っているので、やはりお芝居とは違いを感じます。歌はリズムに乗せて、ダンスは曲に合わせて身体を動かしますが、お芝居は役になりきって「この役だったらどうするか」という動きを探りながら、研究しながら一つの作品を作り上げていくことだと僕は思っているので、そこはすごい違うところかなと思います。

今回この役を頂いて、井ノ原さんの方から連絡をくださった時に「親子だから、敬語じゃなくてタメ口でいいよ。怒らないから大丈夫だよ。」と言ってくださったので、敬語を使わずにお話しています。ちょっと気を遣うところもありますし、探り探りなところもありますが…。僕がスタッフさんにお芝居を確認したい時、井ノ原さんは(自分の演技とは)関係ないのに、いつも段取りに付き合って下さったり、いつも笑顔ですごい優しい方だなという印象です。

今作のキーアイテムのお弁当の思い出ですが、小学生の時は給食で、お弁当は遠足の時や修学旅行の時しかなかったのですが、何故かお弁当箱がすごく小さく、手のひらより一回りくらい大きいサイズでした。そして何故か毎回白ご飯ではなくておにぎりが3つくらい詰められていたので、白ご飯にして欲しいなとは思っていました(笑)。でも親には言えなかったんですけど。

この映画は、親子の絆を描いたほっこりする物語なので、是非皆さん期待していて下さい。宜しくお願いします。

◆「461個のおべんとう」ストーリー

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝)が15歳と多感な時期を迎えていただけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。

そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。

そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。

慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。 ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も…一樹の怒涛のお弁当作りが始まる——。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「井ノ原快彦」をもっと詳しく

「井ノ原快彦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ