ラグビーW杯『日本VS南アフリカ』視聴率41.6% 前戦より2.4%アップ

10月21日(月)10時43分 オリコン

(左から)ラファエレ ティモシー選手、堀江翔太選手、リーチ マイケル選手、福岡堅樹選手、ヴァンピー・ファンデルヴァルト選手 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 NHKで20日に中継されたラグビーW杯・決勝トーナメント1回戦『日本VS南アフリカ』(後7:10〜9:26)の平均視聴率が41.6%だったことが21日、わかった(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。

 日本が史上初めて決勝トーナメントに進出した一戦は、惜しくも強豪・南アフリカに破れたが、日本中の注目度を集めて高い視聴率を記録。13日の『日本VSスコットランド』よりも2.4%も上昇した。

 また、試合直後の選手のインタビューなどの中継(後9:26〜9:50)も24.1%を獲得した。

オリコン

「南アフリカ」をもっと詳しく

「南アフリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ