ロバート秋山「口づけをしてみたかった」、若かりし頃の願望を告白

10月21日(日)15時49分 RBB TODAY

ロバート/秋山竜次【写真:竹内みちまろ】

写真を拡大

お笑いトリオ・ロバート(秋山竜次馬場裕之山本博)が21日、都内にて開催された「KitaQフェス in TOKYO 2018」に出演。秋山が昔の思い出を振り返った。

 北九州市の自然や文化、食べ物などの体験プログラムを展開する「KitaQフェス」で、ロバートの3人は、北九州市の魅力を発信する仮想都市「KitaQcity」の三役(市長・副市長・報道官)に任命された。







 トークでは、北九州出身の秋山と馬場が昔の思い出を語った。皿倉山という山の上に夜景の絶景スポットがあるそうで、馬場は「秋山が免許を取って、初めて助手席に乗せてもらって、夜景を観に行きましたね」と回顧。馬場が現在は車では途中までしか行くことができず、途中からはケーブルカーか徒歩になっていることを告げると、秋山は「そうなの」と故郷の変化に驚いていた。秋山は、「あの夜景を観ながら口づけをしてみたかったな。デートとかしてみたかったよ」とポツリ。山本は「なるほどね、若かったし」としみじみと言葉にしていた。





 仮想都市「KitaQcity」の“市長”に任命された秋山は「今、仮想通貨とかありますから。仮想がメインになるんじゃないですか」と“市長”職にやる気満々の様子。「本家の市長とは違う仮想の市長としてどんどんやっていきたい」と意気込みを語った。

RBB TODAY

「ロバート」をもっと詳しく

「ロバート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ