鉄拳 イラストで“階段での傘の持ち方”へ注意喚起

10月21日(土)22時30分 Techinsight

「このイラストをポスターにしてもらいたい」の声も(画像は『鉄拳 2017年10月21日付Twitter「傘をこうやって持つ人がいるんですけど、危ないですよね。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

大勢の人が行き交う階段での閉じた傘の持ち方について、鉄拳がイラストで注意喚起をしている。このツイートには賛同者が多く、このイラストをそのままポスターにして駅構内に貼ってほしい—との声も多い。

毎年、梅雨の季節などに必ず話題になる“傘のマナー”問題。駅構内などで、傘を水平(横)に持って歩いている人をたまに見かけるが、階段などでは位置的に幼い子の目に傘の先が刺さる危険性がある。平坦な道でも前後に傘を振って歩いている人の後ろで、“ヒヤッ”とした経験のある方も少なくないだろう。傘の先端が凶器になることを、もっと多くの人に認識してもらわなければならないのだ。

現在、台風21号が日本に接近している。21日の『鉄拳 Tekken_omachi ツイッター』では「傘をこうやって持つ人がいるんですけど、危ないですよね。」と階段でサラリーマン風の男性が持っている傘の先端が、後方の親子連れの男児の目の前にある状況のイラストを公開。「駅とかで注意発起するポスターとかあればいいんですが。」とも記している。このツイートは大きな反響を呼んでおり、21時現在でリツイートは4万5,000件を上回っている。

鉄拳のツイッターにはたくさんの意見も寄せられており、「目に刺さったら…と思っただけでゾッとします」「いつも思っていました! 普通にしていたのに、いきなり振りはじめる方もいるので怖いですよね」「一度言った事がありますが、物凄い嫌な顔されました」「このイラストをポスターにしてもらいたいですね」など、この問題はフォロワーの関心も高いようだ。

画像は『鉄拳 2017年10月21日付Twitter「傘をこうやって持つ人がいるんですけど、危ないですよね。」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

鉄拳をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ