豆柴の大群「いまがピークで、どんどん下がっていくんじゃないか…」結成当時の苦悩を告白

10月21日(水)20時40分 TOKYO FM+

ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。10月17日(土)の放送は、ゲストに5人組アイドルグループ・豆柴の大群から、ハナエモンスターさんとカエデフェニックスさんが登場。これまでの活動のこと、さらには10月7日(水)リリースのメジャーデビューシングル「AAA」についてお伺いしました。

安田レイ、豆柴の大群(カエデフェニックスさん、ハナエモンスターさん)、ジョージ・ウィリアムズ


◆結成当時感じていたプレッシャー
──デビューシングル「AAA」に収録されている「今」はどんな曲ですか?
カエデ:大人っぽいエモーショナルな楽曲になっています。歌詞も“恥ずかしいことが恥ずかしい”など深い意味が込められているので、歌詞にも注目して聴いていただきたいです。
──歌詞を最初に見たとき、どう感じましたか?
ハナエ:歌詞は、私たちが所属する(WACKの)社長の渡辺淳之介さんが(JxSxK名義で)書いているんですけど、私たちに向けたメッセージなんじゃないかなって。“終わり”という歌詞もあって最初は怖いなって思ったんですけど、何回も歌ったり聴いたりしているうちに、“これは前向きなメッセージなんじゃないかな”と思えるような曲になりました。
──(「今」の)ミュージックビデオは、無人島でのサバイバルが描かれているじゃないですか。過酷だったんじゃないかと思う瞬間もありましたけど、いかがでした?
カエデ:そうですね。私とハナエはめちゃくちゃ雨に打たれていて。その日はけっこう寒い日だったんですけど、ホース3本と送風機2台を使ってビショビショになりました(苦笑)。
──雨に打たれているときって、どんなことを思っていましたか?
ハナエ:“これで終わりだろう”って思いながら……(結局)3回ぐらい撮りました(苦笑)。
カエデ:ひたすら叫んでいましたね。「温泉に入りた〜〜〜い!」って叫びながら(笑)。
──去年、バラエティ番組(「水曜日のダウンタウン」(TBS系)でのアイドルオーディション企画「MONSTER IDOL」)から誕生したグループで、アイドルファン以外からの注目も大きかったと思いますが、プレッシャーはありましたか?
カエデ:結成したばかりでまだ何もできない状態で、たくさんの人たちに観ていただいたんですけど、“実力が伴っていないな”というのがすごくあって……“申し訳ないな”“悔しいな”っていう思いが最初はありましたね。
ハナエ:最初から注目度がすごく大きかったので、いまが1番のピークで、今後は“どんどん下がっていくんじゃないか”っていう不安が私的には大きくて。“これ(世間の注目)をどう保っていくかが課題だな”って、当時は思っていました。
◆初のワンマンライブへの思い
──10月11日(日)には、東京ドームでメジャーデビュー記念イベント(「メジャーデビュー4日で目標達成!?豆柴だらけの大運動会 in 東京ドーム」)がおこなわれましたけど、「東京ドームでイベントをやる」と言われて最初にどう思いましたか?
カエデ:信じられなかったですね。
ハナエ:東京ドームのまわりを走るだけかと思っていたんですよ。
カエデ:まさか、(東京ドームの)なかでできるなんてね(笑)。
──どのアーティストにとっても絶対に(ステージに)立ちたい憧れの会場ですからね。実際に、なかに入ってみてどうでしたか?
カエデ&ハナエ:「デカッ!」「広っ!」って(笑)。
──また、豆柴の大群にとって初のワンマンライブ「豆柴の大群のりりスタート」が、10月24日(土)に東京・昭和女子大学人見記念講堂でおこなわれます。本来は5月に開催予定だったのが新型コロナの影響で中止となって、ようやく本番を迎えるわけですが、どんな心境ですか?
カエデ:みなさんに会えない時間がずっと続いていて……ひたすらこの日のために練習してきたので、ただただ楽しみですね。
ハナエ:やっぱり(ファンと)会えない期間が長くて、すごく寂しい思いでいっぱいでした。“ワンマンライブができない”というもどかしさもあったので、(その思いを)すべてぶつけられるようなライブにできたらと思います!
──どんなライブにしようと考えていますか?
ハナエ:いや……それがすごいんですよ。
カエデ:(笑)。生配信のチケットも発売しているので、会場にこられない方もぜひ観ていただけたらうれしいです。
◆夢は“東京ドームでライブ”!
──豆柴の大群を結成してもうすぐ1年になりますけど、これまでを振り返ってみていかがでしたか?
カエデ:怒涛の1年でしたね。
──なにが最初に思い浮かびますか?
ハナエ:やっぱり、(オーディションに)受かったときの合宿ですね。いままでの人生のなかで1番キツかったのが、オーディション合宿だったので。
──例えば、どんなところが厳しかったですか?
カエデ:1日1人落ちていく(合宿から退所しなければならない)んですよ。“明日は自分かもしれない”という緊張感が常にありました。
ハナエ:なので、当時のことはあまり覚えていないんですよ。でも、“つらかった”という印象だけが色濃く残っています(苦笑)。
──今後はどんなことをやってみたいですか?
カエデ:この前、東京ドームで運動会をしたので、大きな目標なんですけど、いつかは東京ドームでライブをしたいです。
ハナエ:ドームツアーとか(照)。大きい会場でたくさんライブができるくらい、私たち自身も大きくなっていけたらと思います!
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月25日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜 13:00〜13:55
パーソナリティ:ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/

TOKYO FM+

「豆柴の大群」をもっと詳しく

「豆柴の大群」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ