芸能界更年期美女の「夜のホンネ」を独占キャッチ(1)石田ゆり子も特有の症状に悩む

10月22日(月)17時57分 アサ芸プラス

 ヤル気がしない! イライラする! ポッポと火照る‥‥齢50の「更年期」に直面した女性の多くがカラダの不調を訴える。その症状はホルモンバランスに由来し、これまでの夜の生活が大きく影響しているという。芸能人もその例外ではない。いとしのアラフィフ美女のホンネに耳をそばだてると‥‥。

「毎日、寝る時間も、起きる時間も、行く場所も、やっていることも違うので‥‥だからもうクタクタです(吐息)。この独特の疲れってあるじゃないですか、世代的に。自律神経がついていけない‥‥」

 9月23日放送のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)で悲鳴を上げたのは、誰あろう女優の石田ゆり子(49)ご本人だ。

 缶コーヒーのCMでは、

「ねぇ、ヘトヘトになるまで頑張っちゃって、たまには自分に優しくしてあげないと。ありがとう。お疲れ様」

 などと奇跡のアラフィフ笑顔で働く男たちを癒やす石田だが、寄る年波にはあらがえず、常日頃から更年期の症状におびえていることを明かしたのだ。

 これに相づちを打つのが、今年3月にNHKを退社し、フリーとなった有働由美子キャスター(49)だ。

「朝起きてメールする時、だいたい『疲れが取れないよ』だからね」

 同世代の2人は、プライベートでもメールなどで連絡を取り合って食事に行くなど親交があるだけに、このあとも「更年期トーク」がとぎれない。

「生まれてきたからには、一度ぐらいは誰かのお嫁さんになってみたいとは思うけど‥‥」

 と、石田が結婚願望のホンネを吐露すれば、

「もう一度、20代に戻るなら子供産むな。絶対産んでおけばよかったと思うことがある」

 と、有働も“女子の本懐”を吐露して応じるのだ。

 こうした更年期の悩みを抱えているのは、なにもこの2人だけではない。

 芸能デスクが解説する。

「最近では、激ヤセぶりが心配された女医の西川史子(47)がバラエティー番組で『物忘れがヒドイ』『番組共演者にイライラする』などの更年期特有の症状を告白しています。その他、女性誌のインタビューでは、松本伊代(53)、早見優(52)、南野陽子(51)、斉藤由貴(52)など、往年のアイドルたちがこぞって、つらい日常をカミングアウトしています」

 アイドルとて、女優とて、五十路に直面した女性ならば多かれ少なかれ、誰もがこうした更年期症状に悩まされているのだ。

 男にはわかりにくい女性の更年期障害。そのメカニズムについて、成城松村クリニック・松村圭子院長が説明する。

「男性と違い、女性は40代後半から女性ホルモンの分泌が急激に減少していきます。その結果、自律神経の働きが乱れて、動悸、めまい、火照り、眠れない、イライラするなどの症状が出るのです」

 ホルモンバランスの崩れは、性欲にも影響することがあるという。

「女性ホルモンが減る一方、男性ホルモンはあまり減らないため、相対的に男性ホルモンの働きにより、性欲が強まることがあります。だからといって、安易にセックスすれば治るかといえば、体調が悪くてそれどころではないという人も多いので、注意は必要ですが」(松村院長)

 しかし、五十路女性の性欲アップは、更年期症状の特徴と言えそうだ。

アサ芸プラス

「更年期」をもっと詳しく

「更年期」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ