『ルパンの娘』第2話 “華”深田恭子、別れを決意 “美雲”橋本環奈も上京

10月22日(木)7時0分 クランクイン!

女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)第2話が今夜放送。第2話では、華(深田)が和馬(瀬戸康史)との別れを決意。また、名探偵一族の美雲(橋本環奈)が上京してくる。 本作は、2019年7月期に放送された同名ドラマの続編。前作は、「泥棒一家」“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、「警察一家」の息子・桜庭和馬(瀬戸)の許されない恋愛を描いた。原作は作家・横関大の同名小説(講談社文庫)。前作から引き続き、“Lの一族”ら主要キャストが登場。今作から、橋本のほか、松尾諭、我修院達也、伊吹吾郎が新キャストとして出演する。

 華は、泥棒一家の娘である自分と家庭を築くことは、刑事である夫の和馬(瀬戸)の人生を狂わせてしまうと考え、別れることを決意。授かった子供を1人で育てようとしていた。和馬は華を探すが、会うことが出来ずにいた。そして華は、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たち家族に見守られ、妊娠10ヵ月を迎えようとしていた。

 高校生になった北条美雲(橋本)は、執事の山本猿彦(我修院)と東京に移り住む。財産を失った美雲はオンボロアパートに暮らしながら“Lの一族”を追っていた。

 ある日、渉(栗原類)が新たなお宝を発見。それはジャンヌ・ダルクがまとったと言われる幻のマントだ。すぐさま食いつく尊たちに、渉は闇のオークションにかけられたマントを落札したのは日本人だと教える。男が三雲家と同じ区内に住んでいることも判明した。

 一方、区民館で行われる両親学級に出席した華は、尊や悦子たちの顔を見て自分のために来てくれたと思うが…。華が別の部屋へ移動すると、薄井佐知(遠野なぎこ)と再会。佐知は助産師として働いていると言う。

 その頃、華を失ったまま警察官を続けて良いものかと悩む和馬は、5人の若い女性が立て続けに姿を消す連続失踪事件の捜査についていた。失踪した女性たちが同じマッチングアプリを使っていたようだ。美雲もまた、同級生が失踪したことを知って独自で捜査を開始。

 そして、マントを落札した男のアジトを探る尊たち“Lの一族”は、そこに5人の女性が監禁されている事を知るのだった…。

 木曜劇場『ルパンの娘』第2話はフジテレビ系にて10月22日22時放送。

クランクイン!

「娘」をもっと詳しく

「娘」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ