菊池桃子の官僚夫に復活の兆し 50日ぶりに「首相動静」登場

10月22日(木)6時0分 女性自身

「『首相動静』によれば、10月14日・15日と、2日連続で新原浩朗氏は菅義偉首相と対面しています。実は新原氏の名前が『首相動静』に記載されるのは、ほぼ50日ぶりのことで、菅政権が発足してから初めてのことなのです」



そう語るのは、全国紙の政治部記者。



女優・菊池桃子(52)が経済産業省の経済産業政策局長・新原浩朗氏(61)との結婚を発表してから、もうすぐ1年。だが2人にとって、この1年間の日々は実に目まぐるしいものだっただろう。



「菊池は現在、NHK連続テレビ小説『エール』で主人公の母・古山まさ役を演じています。『エール』はコロナ禍により、一時期は収録中断を余儀なくされました。また今年6月には、アイドル時代から30年間所属した事務所からの独立を発表して話題を集めました」(芸能関係者)



“将来の事務次官候補”とも報じられていた新原氏は、日本経済の回復策を模索し、多忙な日々を過ごすことになった。

政治ジャーナリストの有馬晴海さんは次のように語る。



「安倍政権では、経済産業省出身の今井尚哉首相補佐官のグループが政権の中枢で活躍していました。新原氏もそのグループの一員で、多いときには週に何度も官邸で安倍首相に面会していました。しかし9月16日に安倍首相が辞任すると、彼らは政権中枢から遠のくことになったのです」



前述のように「首相動静」からも新原氏の名前は消えていた。また“経産官邸官僚の末路”“経産官僚に冬の予感”といった見出しの記事も目立つようになったのだ。



前出の芸能関係者は言う。



「“左遷”された夫が心配だったのでしょう。《明るくいよう。前進しよう。》(9月18日付)など、9月ごろの菊池のブログには自分や誰かを鼓舞するようなメッセージが目立っていました」



9月19日、20日には《パワーをお裾分け》といった見出しで静岡県の湧玉池や山梨県の忍野八海の写真を掲載している。いずれも富士山にゆかりのある“霊池”で、有名なパワースポットだ。



「ブログでは“去年の写真”と説明されていますが、もしかしたら鉄道旅行が趣味だという新原氏と訪れた思い出の場所でもあるのかもしれませんね」(前出・芸能関係者)



菊池から夫への励ましはブログを通じてのものばかりではない。新原氏の実家は埼玉県内にあるが、近所の住人はこう語る。



「先月(※9月)、新原さんと菊池さんが2人でこちらにお見えになりました。いまは介護施設にいる新原さんのご両親のお見舞いにいった帰りだったようです。『今後ともよろしくお願いします』と、桐箱に入った果物をいただきましたが、本当に仲がよさそうでほほえましかったですね」



復活の兆しが見えているという新原氏だが、その陰には、老親を気遣ってくれ、元気を出してほしいと“パワスポ写真メッセージ”も送ってくれる新妻の“エール”があったのだ。



「女性自身」2020年11月3日号 掲載

女性自身

「首相」をもっと詳しく

「首相」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ