波瑠主演ドラマ「G線上のあなたと私」2話あらすじ

10月22日(火)10時0分 モデルプレス

中川大志、波瑠/「G線上のあなたと私」第2話より(C)TBS

写真を拡大

【モデルプレス=2019/10/22】女優の波瑠が主演を務めるTBS系新火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(毎週火曜よる10時〜)の第2話が22日、放送される。

◆波瑠主演「G線上のあなたと私」

主人公・小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失う。そんな日にたまたま聞いた「G線上のアリア」の生演奏をきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。

優雅な趣味と思いきや、そこにはバイオリンのように一筋縄ではいかない恋愛、仕事、家族などで様々な問題を抱える人たちが集まっていた。そんな悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語。

也映子がたまたま興味を持ち通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人役を中川大志、もう1人のバイオリン教室仲間の主婦・北河幸恵を松下由樹が演じる。

◆第2話あらすじ

初めての発表会を前に、バイオリン練習に熱が入る也映子(波瑠)、理人(中川大志)、幸恵(松下由樹)。

そして、ついに訪れた発表会当日。婚約者への未練を断ち切るため、結婚式の二次会で着る予定だったワンピース姿で現れた也映子。そんな也映子の普段とのギャップに照れる理人と、そんな理人の反応を楽しむ幸恵だったが、いつにも増して3人の間には緊張感が漂っていた。

気合十分で望んだものの、さんざんな演奏に意気消沈する3人。そこで、幸恵は夫の弘章(小木博明)と姑の由実子(夏樹陽子)が不在の週末に、自宅で練習会を行わないかと提案。

幸恵の娘・多実(矢崎由紗)のピアノ伴奏に合わせ楽しく練習をしているところに、姑・由実子が突然帰宅する——。ショックを受ける幸恵だが、理人が思いがけない言葉を掛ける。一方、也映子はそんな2人の姿を見てなんだかもやもや…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「波瑠」をもっと詳しく

「波瑠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ