ゴールデンボンバー喜矢武豊、中川大志のライバル?バンドマン役で「G線上のあなたと私」出演決定

10月22日(火)23時0分 モデルプレス

喜矢武豊(C)TBS

写真を拡大

【モデルプレス=2019/10/22】ゴールデンボンバー喜矢武豊がTBS系火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(毎週火曜よる10時〜)の第3話から出演する。

今作は、恋愛マンガの名手・いくえみ綾の人気同名漫画が原作で脚本を安達奈緒子が担当し、世代を超えた友情とちょっぴり切ない恋を描いている。第2話まで終了し、主演の波瑠演じる小暮也映子と中川大志演じる加瀬理人、松下由樹演じる北河幸恵の3人が初の発表会に出場するなど、3人で練習を重ねるなかで世代を超えた友情が着実に築かれてきている。

その一方で、次の発表会が終わったら、想いを寄せている兄の元婚約者でバイオリン教室の講師・久住眞於(桜井ユキ)に告白する決心をしたことを告げられた也映子は理人に対するなんだかもやもやした気持ちを抱いている。恋も友情も動き始めた展開に目が離せないとSNSでも話題を呼んでいる。

◆喜矢武豊、中川大志の恋のライバル?

そして、第3話から登場し、眞於先生の個人レッスンに通う謎の金髪バンドマン役に、喜矢武が決定。度々眞於先生をデートに誘っており、仲良く楽しそうにしている様子に理人は嫉妬心を抱いている。

収録では、個人レッスン終了後のシーンで挨拶をした後も、角度を変えてずーっと手を振るアドリブなどをすると、共演した眞於先生役の桜井も思わず吹き出す場面も。そんな理人も嫉妬する眞於先生への猛烈アプローチのシーンにも注目だ。

◆喜矢武豊コメント

毎回ドラマの撮影現場は若干の緊張感があるんですが、今回の現場は共演者の皆さんがゆったりした空気感で迎えてくださったので、勝手に友達になったような気分でリラックスして臨めました(笑)。ちょうど出演が決まる直前にライブでバイオリンを生演奏する演出が決まっていて、ちょうど練習をはじめた矢先に出演のお話を頂いたので、ディスティニーを感じましたね(笑)。バイオリンの神様が、僕にバイオリンを始めろって言っているのかなって。ほとんど音楽教室に通ったことはないけど、生徒が先生に恋する気持ちはなんとなくわかりましたね。今日も、講師役の桜井ユキさんが僕のアドリブに笑ってくれたりして、高揚感が高まって……これは恋しちゃいますよ(笑)。

ゴールデンボンバーを知っている方は、今回演じる役に違和感を覚える方もいるかもしれないですが…僕的には100万点の演技です!ぜひ、楽しみにご覧ください!

■第3話あらすじ(10月29日放送)

秋の発表会で「G線上のアリア」を披露することを決めた也映子(波瑠)ら。理人(中川大志)のスパルタ指導のかいもあって、也映子と幸恵(松下由樹)ら3人の仲も深まってきた。そんな折、眞於(桜井ユキ)の個人レッスンを受けている金髪のバンドマン(喜矢武豊)が眞於をデートに誘う姿を見て嫉妬する理人。

一方、理人の眞於への真っすぐな恋心を知った也映子は、ふざけてからかってしまったことを後悔していた。発表会が近づき、練習に余念のない也映子だったが、家庭や学校と3人の予定が合わない日々に淋しい気持ちに…。

ついに訪れた発表会当日、緊張と期待に胸を膨らませる也映子の元に幸恵から一本の電話がかかってくる——。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「ゴールデンボンバー」をもっと詳しく

「ゴールデンボンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ