木村拓哉「ドクターX」後番組のドラマ主演が決定

10月22日(日)21時0分 まいじつ


(C)まいじつ



元『SMAP』の木村拓哉が来年1〜3月期に放送のテレビ朝日系連続ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(タイトルは仮)に主演し、ボディーガード役に初挑戦することが分かった。武器を持たない民間警備会社のボディーガード(BG)役で、“命の盾”になりながら依頼を遂行する様子を演じる。


【関連】 木村拓哉が稲垣吾郎に謝罪!和解へ


現在放送中の『ドクターX』と同時間枠で放送されるこの作品は、木村が好視聴率を続けられるかどうかに注目が集まる。


木村は「“ボディーガード”という職業をテーマに選んでくれたことに感謝したい。そこを描こうというジャッジにびっくりしたというか、『なるほど、そうきたか!』という意外性がありました」とコメントしている。


「木村は演技の幅がないので、木村でドラマの企画を立ち上げるときには、まず『職業をどうするか』についてきっちり決めないといけません。“職人もの”であり、なおかつ恋愛が絡んでいないとヒットはしないでしょう」(テレビ雑誌ライター)



退所組に負けられない木村


インターネット上でも反応は冷ややかで《また職業ものか》、《SMAPを守れなかった奴がボディーガードをやるのかよ》、《マスコミからの逃走に生かすのかな》、《ジャニーズ退所組をまず守れや》といった書き込みが並んでいる。


「香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎のジャニーズを退所した3人は、インターネットテレビや映画への出演が注目されています。木村としては意地でも負けたくないでしょうから、なりふり構わず視聴率を取りに行くでしょう。いまから流行しそうな決め台詞などを脚本家にリクエストするなど気合いが入っているそうです」(同・ライター)


木村は退所した3人には負けたくないという思いがエネルギーとなっており、「おれらはお互いに競う関係でいないといけない」と最近、和解を申し入れた稲垣に漏らしたとも伝わっている。


「『ドクターX』は恐らく平均視聴率が20%前後になるでしょう。そのあとを受けるドラマなので、かなりのプレッシャーがかかります。重圧につぶされないといいのですが」(同・ライター)


もはや「主演は無理」という意見も出始めた木村。“居残り組”の意地を見せるかどうか注目だ。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

木村拓哉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ